何れ(読み)イズレ

デジタル大辞泉 「何れ」の意味・読み・例文・類語

いず‐れ〔いづ‐〕【何れ/×孰れ】

[代]不定称の指示代名詞どれ。どちら。どっち。「―の物も名品ぞろいだ」「合否―の場合も通知します」
[副]
いろいろな過程を経たうえでの結果をいう。いずれにしても。結局。「その場はごまかせても―ばれるに決まっている」
あまり遠くない将来をいう。そのうちに。近々。「―改めて伺います」
[類語]何処どこどこそこいずこどこらどこいらどの辺どこやらいずかたどちらどっちどこか某所某地/(1結局結句つい畢竟ひっきょうとどの詰まり詰まるところ帰するところせんずるところ要するにどの道所詮しょせんどうせつまり矢張りいずれにしても挙げ句挙げ句の果ていよいよとうとうどうともどうあってもどうでもどっち道差し詰め究竟きゅうきょう果ては何と言ってもどっち道もはやとにかく何しろ何せ何分なにぶん何分にもなんにせよともかくともかくもともあれとまれとにもかくにもそれはともあれ遅かれ早かれ善かれ悪しかれ/(2近日そのうちやがて近近ちかぢか近近きんきん遅かれ早かれ早晩追って何時かじきすぐ直ちに早速じきすぐにすぐさまもう間もなく程なく今に追い追い追っ付けきた日ならずして後日他日不日又の日近く遠からず上げずぼちぼち今にもそろそろ行く行く目前秒読みカウントダウン追っ掛け時間の問題ややあって今日明日すかさず間を置く時を移さずこの先日ならず

どれ【何れ】

[代]不定称の指示代名詞。
限定されたものの中から選び出すものをさす。どのこと。どのもの。「テーマ何れにしようか迷う」「何れでも好きなのを選びなさい」
不明・不特定場所をさす。どこ。
「―から―への御出ござあるぞ」〈虎清狂・禁野
不特定の人をさす。だれ。
「―ぞおともしやれ」〈洒・遊子方言
[感]
相手の呼びかけに応じるときに発する語。どら。「『この字何て読むの』『何れ、見せてごらん』」
自分行動を起こそうとするときに発する語。どら。「何れ、そろそろ出かけるとするか」
どうれ」に同じ。
「『物申ものまう』『―』」〈咄・御前男・四〉
[類語]これそれあれこのそのあのどのかの

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android