何れ(読み)イズレ

  • ▽何れ
  • ▽何れ/×孰れ
  • いずれ〔いづ〕
  • どれ

デジタル大辞泉の解説

[代]不定称の指示代名詞。どれ。どちら。どっち。「―の物も名品ぞろいだ」「合否―の場合も通知します」
[副]
いろいろな過程を経たうえでの結果をいう。いずれにしても。結局。「その場はごまかせても―ばれるに決まっている」
あまり遠くない将来をいう。そのうちに。近々。「―改めて伺います」
[代]不定称の指示代名詞。
限定されたものの中から選び出すものをさす。どのこと。どのもの。「テーマを何れにしようか迷う」「何れでも好きなのを選びなさい」
不明・不特定の場所をさす。どこ。
「―から―への御出でござあるぞ」〈虎清狂・禁野
不特定の人をさす。だれ。
「―ぞおともしやれ」〈洒・遊子方言
[感]
相手の呼びかけに応じるときに発する語。どら。「『この字何て読むの』『何れ、見せてごらん』」
自分で行動を起こそうとするときに発する語。どら。「何れ、そろそろ出かけるとするか」
どうれ」に同じ。
「『物申(ものまう)』『―』」〈・御前男・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android