コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

何れ/孰れ イズレ

3件 の用語解説(何れ/孰れの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いず‐れ〔いづ‐〕【何れ/×孰れ】

[代]不定称の指示代名詞。どれ。どちら。どっち。「―の物も名品ぞろいだ」「合否―の場合も通知します」
[副]
いろいろな過程を経たうえでの結果をいう。いずれにしても。結局。「その場はごまかせても―ばれるに決まっている」
あまり遠くない将来をいう。そのうちに。近々。「―改めて伺います」

どれ【何れ】

[代]不定称の指示代名詞。
限定されたものの中から選び出すものをさす。どのこと。どのもの。「テーマを何れにしようか迷う」「何れでも好きなのを選びなさい」
不明・不特定の場所をさす。どこ。
「―から―への御出でござあるぞ」〈虎清狂・禁野
不特定の人をさす。だれ。
「―ぞおともしやれ」〈洒・遊子方言
[感]
相手の呼びかけに応じるときに発する語。どら。「『この字何て読むの』『何れ、見せてごらん』」
自分で行動を起こそうとするときに発する語。どら。「何れ、そろそろ出かけるとするか」
どうれ」に同じ。
「『物申(ものまう)』『―』」〈咄・御前男・四〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

どれ【何れ】

〔「いづれ」の転〕
( 代 )
不定称の指示代名詞。
複数、特に三つ以上の限られた範囲のものの中から、不特定の一つあるいはいくつかのものをさす。 「たくさんありすぎて、-がいいかわからない」 「 -が好きか」
不特定の場所をさす。どこ。 「『比叡の山は-より』 『桜本より』と申す/義経記 3
不定称の人代名詞。
複数、特に三人以上の限られた範囲の人の中から、不特定の一人あるいはいく人かの人をさす。どの人。 「この中の-が君の息子かね」
不特定の人をさす。だれ。 「 -ぞ、おともしやれ/洒落本・遊子方言」 〔 で、二つのもの、あるいは二人の人の中から選ぶときは「どちら」を用いる〕
( 感 )
動作を始めようとしたり、人の注意を促すときに発する言葉。 「 -、始めよう」 「 -、貸してごらん」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

何れ/孰れの関連キーワード何時何時何時此方此方指示代名詞何奴何処ら不定称何処其処何処許那辺

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone