コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摂動(惑星) せつどう

百科事典マイペディアの解説

摂動(惑星)【せつどう】

1個の惑星Aが太陽の引力だけを受けて運動するときその軌道はケプラーの法則により定まる楕円になるが,Aに他の惑星Bの引力が作用するとAの軌道は正確な楕円ではなくなる。このとき楕円軌道からのずれを惑星Bによる摂動という。力学的に太陽とBの引力のもとでのAの運動を計算しようとすると,これは三体問題となって厳密には解けないが,Aに対するBの引力は太陽引力に比べはるかに小さいので,太陽引力だけを考えてAの楕円軌道を求め,その楕円の要素がBの引力(摂動力)によってどう変化するかを計算すれば,近似的にAの軌道を定めることができる。この方法を摂動論という。摂動による楕円要素の変化は,周期的なもの(周期摂動)と時間的に限りなく大きくなるもの(永年摂動)がある。海王星・冥王星の存在は天王星の摂動の解析から理論的に予言された。なお摂動輪は量子力学でゼーマン効果,シュタルク効果等の説明,粒子の放出・吸収・散乱等の確率の計算にも用いられる。
→関連項目永年摂動天体力学分点

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android