コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摠見寺 ソウケンジ

世界大百科事典 第2版の解説

そうけんじ【摠見寺】

滋賀県蒲生郡安土町にある臨済宗妙心寺派の寺。山号は遠景山。織田信長が安土城築城に伴い創建した。開山は正仲剛可。織田家の菩提寺として,代々織田家ゆかりの者が住持となる。1571年(元亀2)仁王門(重要文化財)が建てられ,ついで天正年間(1573‐92),甲賀郡より1454年(享徳3)建造の三重塔(重要文化財)が移築された。本堂に信長,信忠の像がまつられ,また近くの安土城址のかたわらに信長の墓がある。安土山の中腹にあり,琵琶湖が望見できる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

見寺
そうけんじ

滋賀県近江八幡(おうみはちまん)市安土町下豊浦(あづちちょうしもといら)にある臨済(りんざい)宗妙心寺派の寺。遠景山(えんけいざん)(または安土山)と号する。本尊は十一面観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)。天正(てんしょう)年間(1573~92)織田信長を開基、その三男(あるいは従弟)の正仲剛下(しょうちゅうごうげ)を開山として、安土城の南に創建された。以後、織田家の菩提(ぼだい)寺として栄えたが、1854年(安政1)に本堂などを焼失、その後、大手門近くの徳川家康邸跡に仮本堂が建てられた。本尊の木造十一面観世音像は安阿弥(あんあみ)(快慶)の作と伝えられる。仮本堂には信長・信忠(のぶただ)父子の像を安置する。焼失を免れた三重塔は享徳(きょうとく)3年(1454)建立、仁王門(楼門)は元亀(げんき)2年(1571)建立の銘があり、信長が甲賀郡石部(現湖南市)から移築したものと伝え、寺宝の金剛二力士立像、信長使用の鉄鐔(つば)とともに国の重要文化財に指定されている。[菅沼 晃]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

摠見寺の関連キーワード滋賀県近江八幡市中村祖順安土城跡

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

摠見寺の関連情報