コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政治的社会化 せいじてきしゃかいか

3件 の用語解説(政治的社会化の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

政治的社会化
せいじてきしゃかいか

人間が幼少年期から成人への過程で,または成人してから以後も,ある集団や社会の政治文化に接して政治についての価値,態度,行動様式などを学習し,獲得していく過程をいう。政治システムの安定にとって,その社会の政治文化の注入と受容による社会化は,絶対に必要不可欠であるから,人間がある政治集団への所属を決める以前,以後において,そのような価値,態度,行動様式を内面化する適応過程は持続的に行われることになる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいじてきしゃかいか【政治的社会化 political socialization】

政治的社会化というのは比較的新しい概念で,1950年代ころから用いられるようになった。社会学でいう社会化を政治生活に適用しようとするものである。その定義はさまざまであるが,〈現行の政治体系に受容され,実行されている規範,態度,行動の漸進的学習〉という考え方が一般的である。要約すれば,その社会における政治文化の学習,受容といってよい。この過程では,未成年期が注目される。いうまでもなく政治意識,政治態度の形成は生涯にわたって継続する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

政治的社会化
せいじてきしゃかいか
political socialization

ある特定の社会の政治文化がそれに初めて接する人々に伝達・受容される過程をいう。政治文化とは、ある特定の社会の構成員の政治行動を規制し、解釈する、知識・信念・価値・規範・期待された行動様式・象徴の総体をいう。もともと、社会化という概念は第二次世界大戦後、アメリカ社会学で開発された概念で、それは、子供がその所属する社会の基本的価値や規範を身につけ、その社会の構成員としてふさわしい役割を学習する過程を意味した。政治的社会化は、当然、この社会化の一環として、ある社会に生まれ落ちた子供や外国からの移民がその社会の構成員としてふさわしい政治的役割を学習する過程を意味する。
 ところで、この政治的社会化概念を政治学の主要な概念の一つにしたのは、D・イーストンである。彼は、政治体系の安定の条件として、その構成員の体系への支持度の重要性に着眼して、政治体系を支える基本的価値や規範をその構成員が身につけていく過程を解明し、その知識を活用してこの過程を操作することができるなら、その安定度を高めることができる、と考えた。こうした理論的前提下に、アメリカでは彼を中心とする政治体系論者によって、子供たちにいつ、どのような環境の下で、どのようなエージェント(媒介者)を通じてアメリカの政治文化が伝達され、学習されていくのかを、幼稚園や小・中学校で子供といっしょに生活して実態調査を行う政治的社会化研究が盛んになり、多くの成果をあげている。
 もし、正当性の危機にあるある国家がこうした政治的社会化研究の成果を積極的に活用して、未成年者に、そして成人に対しては第三次社会化エージェントのマス・メディアや政治団体などを通じて権力の正当性に対する信仰を植え付けることに成功するなら、その危機が引き延ばされることもあろう。このように、国家による意識的な政治的社会化が試みられるなら、それは政治教育そのものに変じてしまうであろう。なぜなら、政治的社会化が時の政府によって意識的・体系的に目的意識をもって企てられる場合、それを政治教育というからである。[安 世舟]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

政治的社会化の関連情報