コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

救う/済う スクウ

デジタル大辞泉の解説

すく・う〔すくふ〕【救う/済う】

[動ワ五(ハ四)]《「掬う」と同語源》
危機的な状況や苦しい境遇、悪い環境などにある人に力を貸したり金品を与えたりして、そこから抜け出させる。助ける。救助する。救済する。「人命を―・う」「地球環境を―・う」
神・仏などの力によって平安な心的状態に導いたり、迷いや悩みを取り除いたりする。「信仰に―・われる」
好ましくない状態からのがれ出させ、良いほうに進むように導く。「堕落の道から生徒を―・う」
(多く「救われる」の形で)悪い条件を相殺する。不安・不満などが一応解消する。「重病だが本人が明るいので―・われる」「仕事がきつい上に給料が安いのでは―・われない」
[可能]すくえる[ア下一]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

救う/済うの関連キーワード大の虫を生かして小の虫を殺す宝は身の差し合わせ利物の垂迹四十八願救いの手経国済民経世済民人を済す弥勒の世六道能化医は仁術六地蔵救世主救い米人助け化菩薩変化身救難銃済民化現

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android