コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教研集会 キョウケンシュウカイ

デジタル大辞泉の解説

きょうけん‐しゅうかい〔ケウケンシフクワイ〕【教研集会】

《「教育研究全国集会」の略》日本教職員組合が主催する研究集会。民主教育の確立を目標とし、教育問題を実践的、総合的に検討する。毎年1回開催。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

教研集会【きょうけんしゅうかい】

教育研究全国集会の略称。日本教職員組合日教組)が1951年から毎年開催(1960年から日本高等学校教職員組合も共催)。職場・支部・都道府県段階での研究の積上げを全国集会で教科別・問題別に集約する。
→関連項目日教組

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょうけんしゅうかい【教研集会】

日本教職員組合(日教組)など教職員組合の主催する教育研究集会の略称。1947年6月結成の日教組は,教師の諸権利の確立,生活条件の向上などをめざして闘争をつづけてきたが,米ソ冷戦の激化の下,政府の政策が転換し,〈逆コース〉といわれる風潮のなかで,教育では教育基本法体制が空洞化したと判断し,51年1月,中央委員会で〈教え子を再び戦場に送るな〉をスローガンとしてかかげ,5月の大会で生活と権利を守るたたかいと並んで,〈自主的教育確立のたたかい〉を強力に推進する方針をかかげ,組織的な研究活動の出発を約した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きょうけんしゅうかい【教研集会】

〔「教育研究全国集会」の略〕
教職員の組合を中心に、民主教育の確立をめざし、教育上の諸問題を研究課題として毎年開かれる集会。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

教研集会
きょうけんしゅうかい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

教研集会の関連キーワード民間教育運動丸岡 秀子宗像 誠也平和教育宗像誠也

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

教研集会の関連情報