散位寮(読み)サンイリョウ

百科事典マイペディアの解説

散位寮【さんいりょう】

式部省所属の令制官司。唐にはない日本独自の官司で〈さんにりょう〉とも読む。職掌在京の散位(官職がなく位階のみを有する者)を登録した名帳と,国府に勤める散位の出勤日数の点検を担当。在京の散位は当に出仕した。職員は頭(かみ)・助(すけ)・大属(だいさかん)・少属各1人,史生(ししょう)6人(809年2人減)ほか。文武散位を対象としたが,のちに武散位は兵部(ひょうぶ)省に移る。896年式部省に合併。 →大宝律令養老律令

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんいりょう【散位寮】

日本古代の令制官司の一つ。〈さんにりょう〉ともいう。大宝令によって設置され,式部省の管轄下にあり,官人は頭・助・大属・少属各1人,史生6人,使部20人,直丁2人。職掌は在京の散位のものを登録した名帳と朝集(諸国の散位の出勤日数など)を判することのみである。在京の散位はこの寮に属し,諸司要請によって派遣される。この寮に該当する官司は唐官制にはなく,日本独自の官司である。最初,文武散位を対象としたが,後には武散位は兵部省所管となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さんい‐りょう サンヰレウ【散位寮】

〘名〙 令制における官司の一つ。式部省に属し、内外の文武官の散位に関することをつかさどり、諸国の朝集使の上日を判じた役所。頭(かみ)、助(すけ)、允(じょう)、大・少属(さかん)各一人などの職員がいたが、寛平八年(八九六)に廃され、その職掌は式部省に吸収された。さんい。
※大般若波羅蜜多経巻二六七跋‐神亀五年(728)九月二三日「神亀五年歳次戊辰九月廿三日書生散位寮散位少初位下張上福」

とね‐の‐つかさ【散位寮】

〘名〙 令制で、式部省の被官の役所。内外文武官の散位に関することをつかさどり、また、諸国の朝集使の上日を判じた役所。→さんいりょう。〔官職秘鈔(1200頃か)(古事類苑・官位一三)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の散位寮の言及

【散位寮】より

…日本古代の令制官司の一つ。〈さんにりょう〉ともいう。大宝令によって設置され,式部省の管轄下にあり,官人は頭・助・大属・少属各1人,史生6人,使部20人,直丁2人。職掌は在京の散位のものを登録した名帳と朝集(諸国の散位の出勤日数など)を判することのみである。在京の散位はこの寮に属し,諸司の要請によって派遣される。この寮に該当する官司は唐官制にはなく,日本独自の官司である。最初,文武散位を対象としたが,後には武散位は兵部省の所管となった。…

※「散位寮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる