コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敵対的買収 てきたいてきばいしゅう hostile takeover

7件 の用語解説(敵対的買収の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

敵対的買収

TOB」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てきたいてき‐ばいしゅう〔‐バイシウ〕【敵対的買収】

買収する側が、対象とする会社の取締役会の同意を得ずに買収を仕掛けること。経営権の取得を目指して、相手会社の株式を買収するなどの手法により行う。敵対的TOB。敵対的M&A。敵対的企業買収。ホスタイルテークオーバー。→ポイズンピル

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会計用語キーワード辞典の解説

敵対的買収

会社の経営陣(取締役会)にとって敵対的な第三者が買収を仕掛けてくること。仕掛けられた経営陣にとっては敵対的であっても、経営陣以外の株主や顧客、従業員にとっては友好的な場合もあります。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

敵対的買収

敵対的買収とは、買収の対象企業の取締役や親会社の事前の同意を得ずして、既存の株主から株式を買い集めて企業を買収すること。対象企業の株式の3分の1、もしくは過半数の取得を目標に買収活動を行なう。3分の1の株式を保有することで株主総会特別決議を拒否できるし、過半数を取得することで子会社化し、経営への支配力を握れるからである。しかし、商法の規定により、3分の1以上の株式を保有する場合、原則として、株式公開買い付け(TOB)によらなければならない。そのため、買収側の企業は、新聞などで、企業の株式の買収を事前に公表し、大々的に株式の買い取りを公募することになる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

M&A用語集の解説

敵対的買収

会社の経営陣 (取締役会) にとって敵対的な第三者が買収を仕掛けてくること。仕掛けられた経営陣にとっては敵対的であっても、経営陣以外の株主や従業員、顧客にとっては友好的な場合もありうる。

出典|株式会社ストライク
Copyright(c) Strike Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

敵対的買収

買収先企業の経営陣の同意を得ることなく、株式を買い集めて買収を行うこと。 これに対し、事前に同意が得られている場合の買収を友好的買収という。 買収後にさらに第三者に売却するなどして利ざやを稼ぐことが目的の場合もあれば、買収を行うことでの事業価値を高めようとする目的の場合もある。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

敵対的買収
てきたいてきばいしゅう
hostile take over

企業買収に際して、対象企業の現経営者や従業員等からの同意を得ることなく行われる形態。企業の経営資源が十分に活用されていないようなケースが買収のターゲットになりやすく、その場合は株価も低位に放置されているはずだから、当該業務分野に関心をもつ買収企業にとっては、新たに同一の事業を立ち上げるよりも、株式取得を通じて支配権を確立するほうがコスト面で魅力的である。そこで、買収対象企業が上場会社の場合、買収企業は買収の意思を明らかにしたうえで、株式公開買付(TOB)により買収を進めることが一般的である。その際の株式買付価格は、株主に売却を促すために、市場株価よりも高い値段を提示することとなる。
 一方、買収対象企業の経営者や従業員は、買収後のポストや雇用条件等への不安から反対するが、それらの動機に自己保身的要素が強いようであれば、買収の成否にかかわらず経営陣の交代は不可避である。つまり、買収に関する攻防を通じて、買収対象企業の内在価値や問題点が浮き彫りとなり、その結果として経営効率の向上が促進されるメリットが指摘される。既存株主は、敵対的買収を通じて企業価値が高まると判断すれば積極的にTOBに応じようが、買収によって株主価値が毀損(きそん)される懸念があれば、むしろ買収を失敗させた後の経済的利益を期待して現経営陣を支持することもあり得る。
 敵対的買収は、1980年代のアメリカで盛んに行われた。しかし、買収に成功しても、従業員をはじめ多くの利害関係者から反発を招き、その後の経営に支障をきたす例が少なくなく、今日では買収対象企業との話し合いを重視して円満に解決を図る友好的買収が主流になっている。とくに、日本においては、歴史的な企業風土となじまないうえ、2005年(平成17)の株式会社ライブドアによる、ラジオ局ニッポン放送株を巡る買収劇など、敵対的買収のイメージは悪いが、その行為自体に善悪の含意はない。[高橋 元]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

敵対的買収の関連キーワード公開買付代理人TOB株式公開買い付け公開買い付け・公開買付け・公開買付株式公開買付株式公開買い付け(TOB)株式公開買い付け(TOB)と買収防衛策株式公開買付け、TOB

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

敵対的買収の関連情報