コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加能作次郎 かのうさくじろう

5件 の用語解説(加能作次郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加能作次郎
かのうさくじろう

[生]1885.1.10. 石川,西海
[没]1941.8.5. 東京
小説家。 1911年早稲田大学卒業。在学中に出世作『厄年 (やくどし) 』 (1911) を発表。以後,早稲田派の中堅作家として,風土色豊かな身辺雑記的な心境小説に独自の境地を開いた。主著『傷ける群』 (21) ,短編集『乳の匂ひ』 (41) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かのう‐さくじろう〔‐サクジラウ〕【加能作次郎】

[1885~1941]小説家。石川の生まれ。自然主義の流れをくむ自伝的・身辺雑記的心境小説を書いた。作「厄年」「世の中へ」「乳の匂ひ」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加能作次郎 かのう-さくじろう

1885-1941 大正-昭和時代前期の小説家。
明治18年1月10日生まれ。早大在学中の明治44年「ホトトギス」掲載の「厄年」でみとめられる。田山花袋に師事。博文館に入社し,「文章世界」の編集にたずさわる。大正7年の「世の中へ」で文壇的地位を確立。「若き日」「幸福へ」など情味ある作品で私小説作家として活躍した。昭和16年8月5日死去。57歳。石川県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

かのうさくじろう【加能作次郎】

1885~1941) 小説家。石川県生まれ。早大卒。田山花袋に師事。「文章世界」編集主任。地味だが情味あふれる作風で知られる。作「世の中へ」「若き日」「乳の匂ひ」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加能作次郎
かのうさくじろう
(1885―1941)

小説家。明治18年1月10日生まれであるが、実際の生年は前年という。石川県出身。早稲田(わせだ)大学英文科卒業。その間、外国文豪の評伝や、不遇な幼少期に材を取った出世作『厄年(やくどし)』(1911)などを『ホトトギス』に発表。博文館入社後、田山花袋(かたい)に師事、『文章世界』編集に携わる一方、苦難な少年期を観照的態度でリアルに描いた『世の中へ』を『読売新聞』に連載(1918)、作家的地位を不動にし、小説家協会創立にも尽力。『若き日』(1920)、『幸福』(1921)など人情味豊かな自伝的作品を次々と発表、大正期私小説の中堅作家として活躍した。最晩年の秀作『乳の匂(にお)ひ』(1940)もある。[小野寺凡]
『『日本近代文学大系47 明治短篇集』(1970・角川書店) ▽『現代日本文学全集34 加能作次郎他集』(1955・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加能作次郎の関連キーワード池田平作酒井繁戸川篤次内藤三郎丹羽七郎原田譲二福永尊介別府総太郎山本武蔵渡辺七郎

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加能作次郎の関連情報