コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加能作次郎 かのうさくじろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加能作次郎
かのうさくじろう

[生]1885.1.10. 石川西海
[没]1941.8.5. 東京
小説家。 1911年早稲田大学卒業。在学中に出世作厄年 (やくどし) 』 (1911) を発表。以後,早稲田派の中堅作家として,風土色豊かな身辺雑記的な心境小説に独自の境地を開いた。主著『傷ける群』 (21) ,短編集『乳の匂ひ』 (41) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かのう‐さくじろう〔‐サクジラウ〕【加能作次郎】

[1885~1941]小説家。石川の生まれ。自然主義の流れをくむ自伝的・身辺雑記的心境小説を書いた。作「厄年」「世の中へ」「乳の匂ひ」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加能作次郎 かのう-さくじろう

1885-1941 大正-昭和時代前期の小説家。
明治18年1月10日生まれ。早大在学中の明治44年「ホトトギス」掲載の「厄年」でみとめられる。田山花袋に師事。博文館に入社し,「文章世界」の編集にたずさわる。大正7年の「世の中へ」で文壇的地位を確立。「若き日」「幸福へ」など情味ある作品で私小説作家として活躍した。昭和16年8月5日死去。57歳。石川県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かのうさくじろう【加能作次郎】

1885~1941) 小説家。石川県生まれ。早大卒。田山花袋に師事。「文章世界」編集主任。地味だが情味あふれる作風で知られる。作「世の中へ」「若き日」「乳の匂ひ」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加能作次郎
かのうさくじろう
(1885―1941)

小説家。明治18年1月10日生まれであるが、実際の生年は前年という。石川県出身。早稲田(わせだ)大学英文科卒業。その間、外国文豪の評伝や、不遇な幼少期に材を取った出世作『厄年(やくどし)』(1911)などを『ホトトギス』に発表。博文館入社後、田山花袋(かたい)に師事、『文章世界』編集に携わる一方、苦難な少年期を観照的態度でリアルに描いた『世の中へ』を『読売新聞』に連載(1918)、作家的地位を不動にし、小説家協会創立にも尽力。『若き日』(1920)、『幸福』(1921)など人情味豊かな自伝的作品を次々と発表、大正期私小説の中堅作家として活躍した。最晩年の秀作『乳の匂(にお)ひ』(1940)もある。[小野寺凡]
『『日本近代文学大系47 明治短篇集』(1970・角川書店) ▽『現代日本文学全集34 加能作次郎他集』(1955・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

加能作次郎の関連キーワードコロレンコチャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)東京芸術大学120周年天津条約巨文島事件クーパーグラントケプロンニミッツヌエット

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android