コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新南陽 しんなんよう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新南陽
しんなんよう

山口県中南部,周防灘に面する地域。旧市名。 1953年富田町と福川町が合体して南陽町となり,1955年和田村を編入。 1970年名称を変更して市制。 2003年徳山市,熊毛町,鹿野町と合併し周南市となった。地域は沿岸部と山間部が徳山をはさんで飛び地をなす。仙島,黒髪島北部市域に含む。中心市街地は南部の富田。福川に本陣跡がある。周南工業地域の一部で,徳山石油化学コンビナートの一環として埋立て地に重化学工場がある。錦川上流の水を引いた管野ダムが,この地域に電力や諸用水を供給。北部の和田では米作のほかチャ (茶) ,ワサビを産する。黒髪島の一部は瀬戸内海国立公園に属する。沿岸部を JR山陽本線,国道2号線が通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しんなんよう〔シンナンヤウ〕【新南陽】

山口県南部の旧市。沿岸の干拓地は旧徳山市と連続する重化学工業コンビナートを形成。平成15年(2003)徳山市、熊毛町、鹿野町と合併して周南市となる。→周南

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新南陽
しんなんよう

山口県中東部にあった旧市名(新南陽市)。現在は周南(しゅうなん)市の南部と中部西寄りを占める地域。1953年(昭和28)都濃(つの)郡富田(とんだ)、福川の2町が合併して南陽町が成立、1955年佐波(さば)郡和田村と合併、1970年新南陽市となる。旧新南陽市は、旧徳山市地区に囲まれた沿岸部の工業地域富田、福川地区と、飛び地をなす島地川流域の農山村和田地区とに分かれ、複部的市域構成となっていた。2003年(平成15)徳山市、熊毛(くまげ)町、鹿野(かの)町と合併し、周南市となる。富田川下流の小平野を占める富田は古代の富田郷の地で、山陽大路の平野駅家(ひらのうまや)の置かれた所、中世には東大寺領の一つ。夜市(やじ)川河口の福川は古い漁村で、近世の山陽道の宿駅としても栄えた。富田、福川の沿岸には古市(ふるいち)開作、野村開作、福川浦開作など200町にも及ぶ干拓地、塩田が成立し、製塩業地としても知られた。大正中期以降これらの干拓地は工場用地となって、鉄鋼、石油化学などの工業が集積し、徳山石油化学コンビナートの西部を形成している。内陸の和田には島地川ダムがある。徳山湾竹島の御家老屋敷古墳出土の四神四獣鏡などは国指定の重要文化財、和田地区の三作神楽(みつくりかぐら)は国指定の重要無形民俗文化財である。[三浦 肇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

新南陽の関連キーワード周南市の防災行政無線徳山(山口県)鹿野(山口県)富田(山口県)山口県周南市角閃石安山岩周南(市)徳山[市]井本 農一田村 実造岩崎 民平青木 健作松井 佳一周南[市]林権兵衛都濃郡徳山湾富田市

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新南陽の関連情報