コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日の出・日の入り ひのでひのいりsunrise and sunset

世界大百科事典 第2版の解説

ひのでひのいり【日の出・日の入り sunrise and sunset】

太陽の上縁が水平線に現れる瞬時日の出といい,隠れる瞬時を日の入りという。天体位置表では,太陽が16′の視半径をもつこと,水平線にあるとき大気の屈折をうけて約34′浮き上がって見えること,海洋活動における船橋の高さなどを考慮して,太陽の地心高度が-54.2′に達する瞬時を表掲している。より高いところでの日の出は早く,日の入りは遅くなる。日の出・日の入りの方位は緯度と季節の関数である。一般に,春分,秋分の日に真東から出て真西に沈み,この間は夏季は北寄り,冬季は南寄りとなる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日の出・日の入りの関連キーワード日の出・日の入りプラハの天文時計ジオロケーター太陽視差赤道座標天球座標地平座標夏時間和時計まずめ視差水星

日の出・日の入りの関連情報