コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日ソ漁業条約 にっソぎょぎょうじょうやく

4件 の用語解説(日ソ漁業条約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日ソ漁業条約
にっソぎょぎょうじょうやく

1956年5月日ソ間で締結された条約。正式には「北西太平洋の公海における漁業に関する日本国とソビエト社会主義共和国連邦との間の条約」。対象区域は日本海オホーツク海およびベーリング海を含む北西太平洋の全水域 (領海を除く) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にっソ‐ぎょぎょうじょうやく〔‐ギヨゲフデウヤク〕【日ソ漁業条約】

昭和31年(1956)北西太平洋における漁業資源の保護と有効利用を目的として日ソ間で結ばれた条約。これに基づき、両国のサケ・マスなどの漁獲量・操業水域・漁期などが毎年取り決められた。同52年、ソ連の200海里漁業専管水域宣言に伴い廃止。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

日ソ漁業条約【にっソぎょぎょうじょうやく】

西経175°以西の北西太平洋における漁業に関する日本・ソ連間の条約。1956年締結。1977年にソ連は200カイリ漁業水域200カイリ水域)設定に伴って,日ソ漁業条約の破棄を通告。
→関連項目漁業サケ・マス漁業日露漁業交渉北洋漁業

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

にっソぎょぎょうじょうやく【日ソ漁業条約】

日本とソ連の間で1928年と56年に結ばれた漁業条約。(1)日ソ基本条約条の規定に従って,1928年に,特命全権大使田中都吉と外務人民委員代理カラハンL.M.Karakhanとの間でモスクワで結ばれた。それは,(a)日本海,オホーツク海,ベーリング海のソビエト属地沿岸における魚類,水産物の捕獲・採取および加工する権利の規定(1条),(b)捕獲,採取,加工のための漁区の貸付けは,両国民が差別なく競売によってなされること(2条),(c)税金,課金,手数料徴収の平等(4条),(d)漁業権取得者の魚類,水産物の日本への輸出の自由(9条),(e)漁業権を取得したソビエト漁民と同一待遇を受ける権利(14条)など16条からなり,北洋漁業権を広範に日本に認めたものであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日ソ漁業条約の関連キーワードアンドロポフカラハン日華平和条約ノモンハン事件日ソ仏縁ロシア極東と中国の貿易56年宣言《ソ連の行動の源泉》航空連合

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone