コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日傘効果 ひがさこうか umbrella effect

5件 の用語解説(日傘効果の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日傘効果
ひがさこうか
umbrella effect

大規模な火山爆発などによって大量の火山灰対流圏成層圏など大気の上空に吹き上げられると,火山灰は風に乗って地球全体を覆い,日射をさえぎるため地上気温が下がることが予想される。あたかも地球が日傘をさしたようになることから,日傘効果またはパラソル効果という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひがさ‐こうか〔‐カウクワ〕【日傘効果】

地表に達する日射量を火山の噴火などで大気中に浮遊した微粒子が妨げて減らし、気温を低下させること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ひがさこうか【日傘効果 umbrella effect】

大気中に浮遊している微粒子(エーロゾル)が波長の短い日射を散乱し,地表面に達する日射量を減らす効果のこと。微粒子が日傘と似た役割をすることからこの名がある。大気中の微粒子は人為的原因によるものと,自然的原因たとえば火山噴火によるものとがあるが,日傘効果の大きいのは二酸化硫黄を大量に噴出する火山噴火の場合である。1963年バリ島アグン火山噴火のとき,微粒子の日傘効果のために世界各地の直達日射量は約3%減少し,北半球平均気温は約0.3℃低下した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひがさこうか【日傘効果】

大気中に浮遊している微粒子(硫酸ミストなどのエーロゾル)が、日射をさまたげて気温を低下させること。日傘のはたらきと類似していることから呼ばれる。雨傘効果。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日傘効果
ひがさこうか
umbrella effect

大気中のエーロゾル(浮遊微粒子、煙霧質。エアロゾルともいう)が日射を散乱し、その一部を宇宙空間に跳ね返して、あたかも日傘のように日射を遮る現象。雨傘(あまがさ)効果ともいう。火山噴火により、成層圏にエーロゾルが大量に導入されたときにみられる。日傘効果は地表面温度の低下をもたらすことになるが、それはエーロゾルの働きの一面にすぎない。エーロゾルには日射を吸収する性質もあるので、地表面と大気を含めた系全体はかならずしも温度が低下するとは限らない。たとえば雪氷域は完全反射面に近いので、エーロゾルの日射吸収性が小さくても、地表面と大気を含めた系は加熱される。反対に海面は完全吸収面に近いので、エーロゾルの日射吸収性が大きくても、系は冷却される。しかしながら、人間活動で増加するエーロゾルの影響としては、まず日傘効果を考えるのが妥当であろう。[三崎方郎]
『日本エアロゾル学会編、高橋幹二著『エアロゾル学の基礎』(2003・森北出版) ▽三崎方郎著『微粒子が気候を変える――大気環境へのもう一つの視点』(中公新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日傘効果の関連キーワードエアロゾル粉塵日傘(ひがさ)効果大気エアロゾル空中細菌雲核日本エアロゾル学会空中粉塵煙霧質もや(靄)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日傘効果の関連情報