コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本原子力発電[株] にほんげんしりょくはつでん

2件 の用語解説(日本原子力発電[株]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

日本原子力発電[株]【にほんげんしりょくはつでん】

電力会社電源開発会社,5原子力産業グループなどの出資で1957年設立。原子力発電企業化のため原子炉の輸入,建設,運転,調査,設計などを行う。東海発電所コールダーホール型原子炉により1960年日本最初の商業発電を開始,1967年完成時電気出力16万6000kWh。
→関連項目電気事業

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にほんげんしりょくはつでん【日本原子力発電[株]】

日本の原子力開発の初期段階において,原子力発電の商業化を目的として設立された会社。略称,原電。1957年,電力会社9社,電源開発,日本原子力,第一原子力などの原子力産業5グループなどが出資して設立された。電気事業法上は電力会社に電気を売る卸電気事業者。60年,日本最初の原子力発電所である東海発電所(茨城県東海村)の建設に着工し,66年に運転を開始した。この原子力発電所はイギリスゼネラルエレクトリック社(GEC)のガス冷却炉(GCR)を導入したもので,出力は16万6000kWである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の日本原子力発電[株]の言及

【原子力】より

…60年臨界となった第2の研究炉JRR‐2もアメリカ製であったが,国産炉の開発も進められ,天然ウラン燃料・重水減速型の国産1号炉(JRR‐3)が62年9月に臨界となった。 原子力発電の実用化は,日本原子力発電(株)の手による東海1号炉の完成に始まる。当初,日本原子力研究所の試験用発電炉を経たのち電気事業者による実用炉へ進むということが基本方針とされていたが,原子力発電はすでに実用化時期に近づいているとの見通しが55年ころから国際的に喧伝されていたこともあって,原子力発電推進体制を早期に決める必要性に迫られた。…

※「日本原子力発電[株]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone