コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

着到 チャクトウ

2件 の用語解説(着到の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちゃく‐とう〔‐タウ〕【着到】

[名](スル)
目的地に行き着くこと。到着。
「引きもきらずに御―なされますので」〈谷崎・盲目物語〉
歌舞伎で、開幕30分前ころに、能管・太鼓・大太鼓で演奏する儀礼囃子(ぎれいばやし)。元来は座頭(ざがしら)の俳優の楽屋入り知らせる合図だったという。
着到状」の略。
着到和歌」の略。
出勤した役人の氏名を記入した帳簿。
「日給の御簡(みふだ)―など見て」〈弁内侍日記
集会などに出席・参加すること。
「今宵の―誰々なるぞ」〈読・弓張月・残〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちゃくとう【着到】

いたり着くこと。到着。
役所に備え付けておいて、出勤する官吏の姓名を記入する帳簿。出勤簿。 「日給の御ふだ・-など見て、主殿司とのもづかさにものいひ/弁内侍日記」
「着到状」「着到帳」「着到和歌」などの略。
(集会などに)参加すること。 「今宵の-誰々なるぞ/読本・弓張月
歌舞伎などで役者が楽屋に入ること。また座頭の楽屋入りを合図に能管・太鼓・大太鼓で演奏する囃子。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の着到の言及

【歌舞伎】より

…〈柝〉は,幕明き,幕切れ,道具替りのきっかけなどを知らせる合図である。同時に,俳優の楽屋入りを告げる〈着到(ちやくとう)〉や,楽屋内に開幕を知らせる〈二丁〉,道具の転換をつなぐ〈ツナギ〉などには定まった打ち方をする。〈柝〉は,観客,俳優その他すべての劇場関係者に対する進行状況の告示を本来の役割とするものである。…

※「着到」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

着到の関連キーワード安着行き着く・行着く帰趨想到辿り着く到着流れ着く行き行着く帰性

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

着到の関連情報