コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

禁秘抄 きんぴしょう

6件 の用語解説(禁秘抄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

禁秘抄
きんぴしょう

禁中 (宮中) の故実や作法を記した書。順徳天皇著。2巻または3巻。承久3 (1221) 年頃成立。『順徳院御抄』『建暦御記』『禁中抄』ともいう。記事は,賢所 (かしこどころ) ,宝物,清涼殿,紫宸殿,天皇の毎日毎月の行事,朝儀,食事,装束,仏神事,殿上地下の侍臣,女官,御持僧,祈祷など諸事にわたっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きんぴしょう〔キンピセウ〕【禁秘抄】

鎌倉時代の有職故実(ゆうそくこじつ)書。3巻。順徳天皇著。承久3年(1221)ごろ成立。宮中の行事・故実・制度などを漢文で解説したもの。禁中抄。建暦御記。順徳院御抄。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

禁秘抄【きんぴしょう】

《禁中抄》《建暦(けんりゃく)御記》とも。1219年―1221年ころ順徳(じゅんとく)天皇が著した有職故実(ゆうそくこじつ)の書。宮中の毎日恒例の次第,臨時の大事など天皇として必要な故実が記されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きんぴしょう【禁秘抄】

順徳天皇が著した有職書。2巻あるいは3巻。成立年代は数説あり一定しないが,和田英松によれば1219‐21年(承久1‐3)。《禁中抄》《建暦御記》ともいう。宮中の毎日恒例の次第,毎日事,臨時の大事,賢所,清涼殿のことから蔵人,殿上人,女官,勅書,宣命,改元といった天皇として必要な故実を記す。《群書類従》《列聖全集》《皇学叢書》に所収。【清田 善樹】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きんぴしょう【禁秘抄】

有職故実書。三巻。順徳天皇著。1221年頃成立。禁中の行事・故実・作法などを詳記したもの。禁秘御抄。禁中抄。順徳院御抄。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

禁秘抄
きんぴしょう

順徳(じゅんとく)天皇著。2巻または3巻。もともと定まった書名はなく『順徳院御抄』『建暦(けんりゃく)御記』『禁中抄』などとよばれ、南北朝時代から現在の書名になった。内容は、賢所(かしこどころ)以下約90項目にわたる禁中の故実作法を、多数の古典籍を引いて漢文で解説したもの。1221年(承久3)御子仲恭(ちゅうきょう)天皇のために書かれたものか。平安から鎌倉時代初期の宮廷を知る絶好の史料として古来重んじられ、写本も多く、刊本も慶安(けいあん)刊本、『群書類従』所収本などがある。註釈(ちゅうしゃく)書には、江戸時代の公卿(くぎょう)滋野井公麗(しげのいきんかず)の『禁秘抄階梯(かいてい)』(1776刊)などがある。[今江廣道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の禁秘抄の言及

【禁中並公家諸法度】より

…第1条の〈学問〉も天皇家の先例に関する知識という意味であって,これを現代の〈学問〉と同義と考えるのは誤解である。また第1条自体が,13世紀順徳天皇が皇嗣のために天皇の日常身辺に関するタブーと先例を解説した《禁秘抄》の一節のまる写しであり,家康が天皇に期待したのは,こうした知識に従って宗教的世界の統率者としての身辺を維持し,自然の運行と国土の安寧とを取りもつ役割であったことが示されている。【高木 昭作】。…

※「禁秘抄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

禁秘抄の関連キーワード建武年中行事修明門院東一条院水無瀬神宮遷幸勅題善統親王尊忠藤原光経(2)慶子女王(2)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone