コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早舞 はやまい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

早舞
はやまい

邦楽囃子の名称。 (1) 能 貴人の幽霊などが舞う爽快な舞をいう。笛に大小鼓太鼓が伴う。一般の舞よりも高い調子の盤渉 (ばんしき) で奏されるが,この一類に他と同じ黄鐘 (おうしき) で奏される黄鐘早舞がある。この場合は太鼓を用いない。 (2) 歌舞伎 (1) の応用。急調子の幕あき,幕切れ,登場に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はや‐まい〔‐まひ〕【早舞】

舞事(まいごと)の一。シテの舞う爽快・典雅な舞。中の舞よりテンポが速く、笛・大鼓・小鼓・太鼓ではやす。「海人(あま)」「融(とおる)」などに用いる。
歌舞伎下座音楽の一。能管・大鼓・小鼓・太鼓による囃子(はやし)幕開き・幕切れや人物の急な出入りなどに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はやまい【早舞】

能の舞の一種。謡を伴わない舞。笛・小鼓・大鼓・太鼓を用いて速い拍子で演ずるもの。貴人の亡霊や成仏した女性などの爽快・典雅な舞。「融」「海士」「当麻」などにみられる。
歌舞伎の下座音楽の一。能の囃子はやしをとり入れたもので、貴人の邸の場面などの人物の急な出入り、立ち回りに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の早舞の言及

【舞事】より

…能の舞事には,笛(能管)・小鼓・大鼓で奏する〈大小物(だいしようもの)〉と太鼓の入る〈太鼓物〉とがあるが,その両者を含めて,笛の基本の楽句である(じ)の種類によって分類されることが多い。すなわち,呂中干(りよちゆうかん)の地といわれる共用の地を用いる〈序ノ舞〉〈真(しん)ノ序ノ舞〉〈中ノ舞(ちゆうのまい)〉〈早舞(はやまい)〉〈男舞(おとこまい)〉〈神舞(かみまい)〉〈急ノ舞〉〈破ノ舞(はのまい)〉などと,それぞれが固有の地を用いる〈楽(がく)〉〈神楽(かぐら)〉〈羯鼓(かつこ)〉〈鷺乱(さぎみだれ)(《鷺》)〉〈猩々乱(《猩々》)〉〈獅子(《石橋(しやつきよう)》)〉〈乱拍子(《道成寺》)〉などの2種がある。〈序ノ舞〉は女体,老体などの役が物静かに舞うもので,《井筒》《江口》《定家》などの大小物と《小塩(おしお)》《羽衣》などの太鼓物がある。…

※「早舞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

早舞の関連キーワード切能・尾能能の用語呂中干ひやま海士当麻亡霊尾能舞事謡曲海人

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

早舞の関連情報