コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中の舞 ちゅうのまい

3件 の用語解説(中の舞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中の舞
ちゅうのまい

能楽の囃子,およびその伴奏による舞の名称。 (1) 能 主として女性や精霊などのシテまたはツレ,子方の舞う舞。舞事の基本とされ,4段5節 (略式では3段4節) の典型的な構成をもち,中庸のテンポで舞われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐の‐まい〔‐まひ〕【中の舞】

の舞事(まいごと)の一。序の舞急の舞との中間の速度でまう舞。また、その囃子(はやし)。美女・喝食(かっしき)などの舞うものと、妖精・天女などの舞うものとがある。
歌舞伎下座音楽の一。太鼓に大鼓・小鼓・能管を加え、時代物上使(じょうし)の登場などに用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちゅうのまい【中の舞】

能の舞の一。中庸のテンポの舞。さまざまな役(人物)に用いられる。伴奏の囃子はやしには、笛・小鼓・大鼓によるものと、それに太鼓を加えるものの二通りがある。
下座げざ音楽の一。の編曲で、能管・小鼓・大鼓・太鼓で奏するが、通例は三味線の合方も入る。上使の出入りなどに用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中の舞の関連キーワード得・能鏡板(能)観阿(能)金剛座(能)白洲(能)中条流(能)トリ(能)花(能)盤渉(能)本地(能)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中の舞の関連情報