コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中の舞 ちゅうのまい

3件 の用語解説(中の舞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中の舞
ちゅうのまい

能楽の囃子,およびその伴奏による舞の名称。 (1) 能 主として女性や精霊などのシテまたはツレ,子方の舞う舞。舞事の基本とされ,4段5節 (略式では3段4節) の典型的な構成をもち,中庸のテンポで舞われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐の‐まい〔‐まひ〕【中の舞】

の舞事(まいごと)の一。序の舞急の舞との中間の速度でまう舞。また、その囃子(はやし)。美女・喝食(かっしき)などの舞うものと、妖精・天女などの舞うものとがある。
歌舞伎下座音楽の一。太鼓に大鼓・小鼓・能管を加え、時代物上使(じょうし)の登場などに用いる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうのまい【中の舞】

能の舞の一。中庸のテンポの舞。さまざまな役(人物)に用いられる。伴奏の囃子はやしには、笛・小鼓・大鼓によるものと、それに太鼓を加えるものの二通りがある。
下座げざ音楽の一。の編曲で、能管・小鼓・大鼓・太鼓で奏するが、通例は三味線の合方も入る。上使の出入りなどに用いる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中の舞の関連情報