コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫衣事件 しえじけん

7件 の用語解説(紫衣事件の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紫衣事件
しえじけん

江戸時代,朝廷が大徳寺妙心寺の僧侶に出した紫衣勅許を江戸幕府が無効とした事件。幕府は慶長 18 (1613) 年紫衣着用に関する法令を出していたが,紫衣着用の許可は古くから朝廷が行なってきたことであり,この時期には勅許による収入が朝廷の重要な財源となっていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

紫衣事件

1627(寛永4)年に江戸幕府が、朝廷から大徳寺などの高僧に紫色の法衣、袈裟(けさ)の授与を規制。2年後、幕府の措置に反対した大徳寺の僧、沢庵(たくあん)を出羽に、玉室を奥州棚倉に一時流罪とした。幕府の決定が朝廷の勅許より優先することを示した歴史的な事件。

(2010-12-14 朝日新聞 朝刊 福島中会 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しえ‐じけん【紫衣事件】

寛永4年(1627)朝廷に対する江戸幕府の優越を示した事件。後水尾天皇大徳寺妙心寺の僧に与えた紫衣着用の勅許を幕府が無効であるとし、これに抗議した大徳寺の沢庵らを処罰した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

紫衣事件【しえじけん】

元来,紫衣(高僧が着用する紫色の法衣)の勅許は朝廷の権限であったが,1613年徳川家康は〈紫衣着用の際はあらかじめ知らせること〉という法度(はっと)を出した。1626年に後水尾天皇大徳寺妙心寺等の僧に着用を許可,幕府は翌年その勅許状を無効とし,さらにこの処置に抗議した大徳寺の僧沢庵らを流罪にした(1629年)。
→関連項目以心崇伝

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しえじけん【紫衣事件】

1627年(寛永4)7月,以心崇伝や老中土井利勝らは,大徳寺・妙心寺の入院・出世が勅許紫衣之法度(1613年6月)や禁中並公家諸法度(1615年7月)に反してみだりになっているととがめた。しかるに翌春,大徳寺の沢庵宗彭玉室宗珀江月宗玩や妙心寺単伝士印らは抗議書を所司代板倉重宗に提出したため,江戸幕府は態度を硬化させ,29年7月,あくまで抵抗した沢庵を出羽国上山に,玉室を陸奥国棚倉に,単伝を出羽国由利に配流し,さらに,1615年(元和1)以来幕府の許可なく着した紫衣を剝奪した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しえじけん【紫衣事件】

1627年、大徳寺・妙心寺などの僧への紫衣着用の勅許を、江戸幕府が無効とした事件。これに抗議した大徳寺の沢庵らは処罰され、後水尾天皇は退位した。しいじけん。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紫衣事件
しえじけん

江戸初期、幕府の朝廷統制圧迫の政策を示す一事件。紫衣は紫色の法衣や袈裟(けさ)をいい、もともと宗派を問わず高徳の僧尼が朝廷から賜ったもので、早くから行われ、その尊さを表すと同時に朝廷にとっては収入源の一つでもあった。幕府は寺院・僧侶(そうりょ)圧迫の手段として1613年(慶長18)「勅許紫衣竝(ならび)に山城(やましろ)大徳寺、妙心寺等諸寺入院の法度(はっと)」を定め、さらに2年後には「禁中並公家諸法度(きんちゅうならびにくげしょはっと)」(禁中并公家中諸法度)を定めて紫衣や上人(しょうにん)号をやたらに授けることを戒めているが、後水尾(ごみずのお)天皇は、これまでの慣例どおり、幕府に相談なく十数人の僧侶に紫衣着用の勅許を与えてきた。これを知った幕府は、事前に勅許の相談のなかったことを法度違反とばかり多くの勅許状の無効を宣言し、朝廷をも抑えて実力を示そうとした。この紛争が紫衣勅許事件である。大徳寺の宗彭(そうほう)(沢庵(たくあん))らは抗議して服従せず、1629年(寛永6)配流の刑に処された。これは江戸初期の朝廷と幕府の不和確執の最大のものといわれる。これによって後水尾天皇に退位を決意させることになったと考えられてきたほどの深刻な打撃を与えた朝幕間の大きな対立であった。[小野信二]
『小野信二著「幕府と天皇」(『岩波講座 日本歴史 近世2』所収・1963・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紫衣事件の関連キーワード最岳元良崇伝冷泉為頼本光国師日記金地院以心崇伝木下利貞木屋弥三右衛門本光国師分部嘉治

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone