曲屋(読み)まがりや

日本大百科全書(ニッポニカ)「曲屋」の解説

曲屋
まがりや

住宅の平面形がL字形になっているもの。カギヤ、中門造などと混同して使われる用語であるが、曲屋そのものは旧南部藩の領内、とくに岩手県の広い地域に分布している形式である。すなわち、馬産地で馬を十数頭も飼育するため厩(うまや)が巨大なものになる。そのため、居住部分に平行して厩を設けると、建物の桁行(けたゆき)が非常に長くなり、飼育上も不便であるから、主屋(おもや)から鉤(かぎ)型に厩を接続して設ける。馬の出し入れ口は屈曲部の内隅にある。ほとんど深厩式である。

 これに対し同じ東北地方でも、このような鉤型平面形式ではあるが、南部以外では厩部分を中門と称し、構造形式を中門造とよぶ。馬の出し入れ口は突出部の先端にあるので、曲屋と区別する。なかには主屋の中央にT字型に突出するものもある。さらにまた主屋の前面、厩と反対方向に、玄関や小座敷を設け、全体的にはコの字型の平面形式をなすものもある。前者は秋田県に多いが、後者は秋田、山形の両県に多くみられる。中門造は新潟県にも及ぶが、ここではさらに座敷の部分や炊事場の部分も主屋から突出させている。

 曲屋ないし中門造は茨城県の一部や福島県、遠く福岡県などにもみることができるが、名称は混同されている。茨城県の一部や神奈川県の西部では、部屋を鉤型に出しており、曲屋とかカギヤ、ツノヤなどとよんでいるが、中門造とはいわない。中国や九州にはクド造と称する屋根型がみられ、曲屋の一種と考える向きもあるが、これは屋根型だけの相似で、平面形はまったく異なり、方形であるから、成因を異にする。

[竹内芳太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「曲屋」の解説

まがり‐や【曲屋】

〘名〙
① 心のねじけている人。つむじ曲がり。へそ曲がり。
※魔風恋風(1903)〈小杉天外〉前「斯うまがり屋さんに成っちゃなア…」
② 取引相場で、予想がはずれて損失を出している人。〔現代新語辞典(1919)〕
③ (「七」の字は「十」の字の尻が曲がっているというところから) 質屋のこと。
※浄瑠璃・契情小倉の色紙(1840)隼人住家「又小遣がきれて質屋(マガリヤ)でもゆくのならおれに云はんせ」
民家の形式の一つ。平面形がL字形になり、突出部が広い厩となっているもの。岩手県に多い。中門(ちゅうもん)造りと平面の輪郭は同じであるが突出部の機能が異なる。
※雪のの風葬(1969)〈高井有一〉八「曲り屋造りの巨大な農家の藁屋根が雪を頂いて聳え」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「曲屋」の解説

曲屋
まがりや

直屋 (すごや) に対していう。長方形平面の一方に,これと直角に突出部のある農家。突出部を馬小屋にしており,岩手県に多い。同様な形で突出部を出入口としたものを中門造という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「曲屋」の解説

曲屋【まがりや】

民家の一形式。岩手県の旧南部藩地域特有の形式で,L字形の平面をもち,突き出た部分は馬屋になっていて,馬の管理がしやすいよう機能的配慮がなされている。
→関連項目中門造

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の曲屋の言及

【民家】より


【日本】
民家は一般概念では庶民の住宅を意味する。しかし,民俗学や建築学の分野で使われる〈民家〉の概念はかなり限定されており,地域に密着した素材や技術を使って建設された庶民の住宅を意味する。したがって,江戸時代に支配階級であった武家の住宅でも,全国的な規範を重視した大名の居館は民家には含まれないが,庶民住宅とあまり違わない素材と技術を用いた下級武家の住宅は民家の範疇に含まれ,同様の意味で蔵や納屋,旅籠(はたご)など,庶民の生活にかかわりの深い建物も,民家の一部として取り扱う。…

【屋根】より

民家では,地方によって屋根の形が異なり,呼び方も違う。平面L字形で寄棟造や入母屋造の茅葺きとした曲屋(まがりや)(岩手,茨城,千葉)あるいは中門造(秋田,山形,福島,新潟),こう配が強く棟の高い切妻造茅葺きとした合掌造(富山の五箇山,岐阜の庄川地方),寄棟造茅葺きの妻側の軒を切り上げたかぶと造(山形,福島,東京西部,山梨),平面正方形に近くこう配の緩い切妻造板葺きの本棟造(長野),寄棟造茅葺きの棟がコの字形となるくど造(佐賀)がある。なお神社の権現造や,民家で多くの飾り破風などをつけて複雑な形となった屋根を八ッ棟造と呼ぶこともある。…

※「曲屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android