コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最適化制御 さいてきかせいぎょoptimization control

世界大百科事典 第2版の解説

さいてきかせいぎょ【最適化制御 optimization control】

プラントやプロセスを最適な状態で運転することを最適化制御という。すなわち効率,利益率,生産量などの目的関数を最大にするようなプロセス変数の値を決定し実行することである。一般に制御対象であるプロセスの入力と出力の関係をプロセス方程式と呼び,これら制約条件のもとで目的関数を最大にすることを最適化という。特にプロセスの過渡状態の動的最適化を最適制御と呼び,定常状態の静的な最適化を最適化制御と呼んで区別する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

最適化制御の関連キーワード制御装置適応制御

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android