コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月見座頭 つきみざとう

5件 の用語解説(月見座頭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

月見座頭
つきみざとう

狂言の曲名。座頭狂言。下京に住む座頭 (シテ) が,八月十五夜の名月に誘われて野辺に出る。虫の音を楽しむところへ,月見に来た上京の男と出会う。二人は互いに古歌を応酬して戯れ,意気投合して酒をくみかわす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つきみざとう【月見座頭】

狂言。大蔵流中秋の名月の夜、座頭と通りがかりの男とが意気投合し、楽しく酒を酌(く)み交わして別れるが、男に突然いたずら心が生じ、引き返して座頭を突き倒す。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

つきみざとう【月見座頭】

狂言の曲名。座頭狂言。大蔵流だけにある。下京に住む座頭が,八月十五夜の名月の夜,野辺へ出て虫の鳴声を楽しんでいると,月見に来た上京の男が声をかけ,持参した酒を酌み交わして意気投合する。機嫌よく2人は別れを告げるが,別れたのちに上京の男にいたずら心が起こり,別人をよそおって引き返し,わざと座頭に突き当たると,声を荒らげてなじり,打ち倒して立ち去る。座頭は〈今の奴は,最前の人とはひっ違え,情けもない奴でござる〉と述懐する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

つきみざとう【月見座頭】

狂言の一。座頭が月夜に野に出て虫の声を聞く。そこへ通りかかった男と酒をくみかわし歌舞をして別れるが、男は別人を装って引き返し、座頭をさんざんにひきまわし、突き倒す。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

月見座頭
つきみざとう

狂言の曲名。座頭狂言。仲秋の名月の夜、座頭(シテ)が野辺に出て千草に集(すだ)く虫の音に月を見ているところに、男が通りかかり声をかける。意気投合した2人は、古歌を吟じ舞をまって酒宴を楽しむ。しみじみとした酒宴ののち、2人は別れるが、男は突然引き返し、作り声をして別人を装い、座頭を突き倒して幕に入る。1人残された座頭は、いまの男は最前の人とは違い情けもない奴(やつ)だと述懐し、一つ大きくくしゃみして終曲となる。座頭の独白のうちに、虫の音が聞こえ名月が浮かぶ、叙情味あふれる詩的作品。全編の詩情を引き裂く唐突な結末は、人間のもつ善悪の二面性を象徴するとか、ドラマ世界の亀裂(きれつ)がそのまま人間存在の深淵(しんえん)をのぞくようだとか、従来いろいろ議論をよぶところである。[油谷光雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

月見座頭の関連キーワード茂山千作(十世)大蔵虎武山口蓼洲オモ鬼物能狂言前狂言雑狂言七つ子座頭狂言

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

月見座頭の関連情報