コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木象眼/木象嵌 モクゾウガン

デジタル大辞泉の解説

もく‐ぞうがん〔‐ザウガン〕【木象眼/木象×嵌】

家具や箱などの表面装飾技法の一。台木図柄文様を描いて彫り、その部分に色や木目の違う木片、または金属玉石貝殻などをはめ込むもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

木象眼/木象嵌の関連キーワードインタルジア西村 荘一郎西村荘一郎埋め木細工木内 半古アシュート洋服だんす木内半古氷見晃堂葛木五平木内喜八木工芸木画家具

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android