もやもや

精選版 日本国語大辞典「もやもや」の解説

もや‐もや

[1] 〘〙 (「と」を伴って用いることもある)
① ごたつくさま、もめるさま、言い争うさまなどを表わす語。もやくや
※仮名草子・かなめいし(1663)下「篠葉につきてとびちる湯のしづくに、たへがたくあつかりければ、これにかからじともやもやする所に」
※松翁道話(1814‐46)四「ちっとの間みせいといふ。イヤならぬというて、もやもやいふ」
② ある思いや感情などが湧き起こったり、広がったりするさまを表わす語。また、心にわだかまりがあって、気持が乱れるさまを表わす語。多く、忌むべき感情などで気がむしゃくしゃするさまをいう。もやくや。
※名語記(1275)六「切々なるこころのもやもや、如何」
※浄瑠璃・夕霧阿波鳴渡(1712頃)中「皆に気を付けられて早もやもやと腹が立」
③ 特に、のぼせたり、欲情が起こったりするさまを表わす語。
世草子・好色五人女(1686)一「かずかずのかよはせ文、清十郎ももやもやとなりて」
湯気などがたちこめて、ぼんやりしているさま、ぼうっとしていて、はっきりしないさまなどを表わす語。
※はやり唄(1902)〈小杉天外〉五「莨(たばこ)の煙をもやもやと出して」
⑤ 朦朧(もうろう)として正体がはっきりつかめないような、不分明なさまを表わす語。
※金(1926)〈宮嶋資夫〉三「あとからあとから湧き上ってくる、もやもやした想念」
⑥ 毛、草などが群がり生いしげるさまを表わす語。
※俳諧・三河小町(1702)下「もやもやと髭はしたなや美人草〈つや〉」
[2] 〘名〙
① もめごと。ごたごた。いざこざ。紛争。もやくや。
※浮世草子・新色五巻書(1698)二「宮嶋市芝居のもやもや」
※歌舞伎・松梅鶯曾我(1822)五立「今のもやもやに、布子の肩を破りをったか」
② 気持が乱れもつれること。心のわだかまり。煩悶(はんもん)。もやくや。
※浄瑠璃・松風村雨束帯鑑(1707頃)三「ちょっとしたもやもやが、互に深ふ成て来て」
③ わずらい。病気。
※浄瑠璃・源頼家源実朝鎌倉三代記(1781)六「わしも去年のもやもやから達者になった祝ひ事」
④ 何かが立ちこめてはっきりしないこと。ぼうっとすること。
※俳諧・俳諧三部抄(1677)上「むす家の蚊やもやもやの中はしら〈胡兮〉」
[3] 〘形動〙
① のぼせさせたり、欲情を起こさせたりするさま。
※浮世草子・好色一代女(1686)三「しどけなく帯とき掛て、もやもやの風情見せければ」
② 群がって湧き起こったり広がったりするさま。
※花ごもり(1894)〈樋口一葉〉四「疳癪にもやもやの雲が沸きたれば」
③ 気持が乱れもつれるさま。
※女作者(1913)〈田村俊子〉「肉と云ふものは絶対に斥ける夫婦と云ふものを作らうとしてゐるらしい未女気(おぼこぎ)とでも云ひ度いものに、この女作者の胸はもやもやにされた」
④ はっきりしないさま。
※山吹(1944)〈室生犀星〉六「日あしはすでに鉛色に沈んだ水の上に、眼をもやもやにしてゐた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「もやもや」の解説

もや‐もや

[副](スル)
煙や湯気などが立ちこめるさま。「湯気でもやもや(と)している浴室
実体や原因などがはっきりしないさま。「もやもや(と)した記憶
心にわだかまりがあって、さっぱりしないさま。もやくや。「彼の一言で、もやもや(と)していたものが吹っきれた」
毛や髪などが群がり生えるさま。
口髭の―と生えた」〈紅葉・二人女房〉
色情がむらむらと起こるさま。
「数々の通はせ文、清十郎も―となりて」〈浮・五人女・一〉
ごたごた言い争うさま。
「人中で―云ふほどが費(つひえ)」〈浮・新色五巻書・三〉
[名]
わだかまりがあって心がさっぱりしないこと。「胸のもやもやを晴らす」
もめごと。ごたごた。
「この―はこの客からおこった事ぢゃ」〈浮・御前義経記・八〉
アクセントヤモヤ、はモヤモヤ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android