不明(読み)ふめい

精選版 日本国語大辞典「不明」の解説

ふ‐めい【不明】

〘名〙 (形動)
① あきらかでないこと。はっきりしないこと。よくわからないこと。また、そのさま。不明瞭。不分明。
※古文真宝桂林抄(1485頃)乾「日本の字さしの様に竹をきってけづりて、不明のを表出するぞ」
物事を見抜く力が足りないこと。才知が足りないこと。道理が行なわれないこと。また、そのさま。
玉葉‐嘉応元年(1169)四月一〇日「彗星又云、陰乱不明云々〈〉天下政陰乱不明之時出也云々」
神皇正統記(1339‐43)中「異朝には殷大甲不明なりしかば」 〔史記‐宋微子世家〕
③ 「行方不明」「生死不明」などの略。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「不明」の解説

ふ‐めい【不明】

[名・形動]
はっきりわからないこと。明らかでないこと。また、そのさま。「不明な点をただす」「国籍不明
物事を見抜く力のないこと。「不明を恥じる」「すべて私の不明のいたすところ」
[類語]不明瞭灰色ぼんやりぼうっとぼうぼやっとぼけっとぽっとぼさぼさきょとんぽかんぽかりもやもやおぼろおぼろげ不鮮明朦朧もうろう模糊もこ茫漠ぼうばく茫茫ぼうぼうばく漠然ばくぜん不詳未詳未知未確認迷宮入り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android