コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボウ

デジタル大辞泉の解説

ぼう〔バウ〕【×茫】

[ト・タル][文][形動タリ]
広々としているさま。
「洞庭湖はただ白く―として空と水の境が無く」〈太宰・竹青〉
ぼんやりとしているさま。
「その意味―として知るべからざりけり」〈中村訳・西国立志編

ぼう【茫】[漢字項目]

[音]ボウ(バウ)(漢)
遠くはるかに広がるさま。「茫漠茫茫茫洋蒼茫(そうぼう)渺茫(びょうぼう)
ぼんやりしてうつろなさま。「茫然

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼう【茫】

( トタル ) [文] 形動タリ 
広々としているさま。 「高原に出ると…見わたす先は-としてゐる/日本北アルプス縦断記 烏水
ぼんやりとしているさま。 「 -とした湯気の中に/田舎教師 花袋

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

茫の関連キーワード乏・亡・傍・冒・剖・卯・厖・坊・妄・妨・帽・忘・忙・房・旁・暴・望・某・棒・榜・眸・紡・膨・芒・茅・茫・謀・謗・貌・貿・防ハイシー(海西)モンゴル(蒙古)族チベット(蔵)族自治州ツァイダム(柴達木)油田黒塚(歌舞伎舞踊劇)立ち尽くす・立ち尽すストレス関連障害毒気に当てられる狐につままれる吾かにもあらずうつらうつら周期性傾眠症相生垣 瓜人心肝も尽く我を忘れる鍬を抜かす横山源之助志賀 直哉相生垣瓜人矢野 文夫笠井 栖乙

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茫の関連情報