(読み)ボウ

デジタル大辞泉「茫」の解説

ぼう〔バウ〕【×茫】

[ト・タル][文][形動タリ]
広々としているさま。
洞庭湖はただ白く―として空と水のが無く」〈太宰竹青
ぼんやりとしているさま。
「その意味―として知るべからざりけり」〈中村訳・西国立志編
[類語]ぼんやりぼうっとぼやっとぼけっとぽっとぼさぼさきょとんぽかんぽかりもやもやおぼろおぼろげ不鮮明不明瞭朦朧もうろう模糊もこ茫漠ぼうばく茫茫ぼうぼうばく漠然ばくぜん不明瞭灰色不詳未詳未知未確認迷宮入り

ぼう【茫】[漢字項目]

[音]ボウバウ)(漢)
遠くはるかに広がるさま。「茫漠茫茫茫洋蒼茫そうぼう渺茫びょうぼう
ぼんやりしてうつろなさま。「茫然

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「茫」の解説

ぼう バウ【茫】

〘形動タリ〙 広々としているさま。はてしないさま。また、とりとめなくぼんやりしているさま。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一〇「その意味茫として知べからざりけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android