朦朧(読み)もうろう

精選版 日本国語大辞典「朦朧」の解説

もう‐ろう【朦朧】

[1] 〘形動タリ〙
① おぼろなさま。かすんで暗いさま。
経国集(827)一四・清涼殿画壁山水歌〈嵯峨天皇〉「空堂寂寞人言少、雑樹朦暗昏暁」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)象潟「汐風真砂を吹上、雨朦朧として鳥海の山かくる」 〔李嶠‐早発苦竹館詩〕
② 物事のはっきりしないさま。確かでないさま。蒙籠
※教行信証(1224)二「好悪今時須決択、一一子細莫朦朧
③ 意識の確かでないさま。
※済北集(1346頃か)二・夏日臥病昼寝雷雨覚之「雨入華胥促駕還、朦朧枕畔覚涼残」
恩讐彼方に(1919)〈菊池寛〉一「今迄奮して朦朧として居た意識が漸く落着くと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「朦朧」の解説

もう‐ろう【××朧】

[ト・タル][文][形動タリ]
ぼんやりとかすんで、はっきり見えないさま。「霧の中に朦朧人影が浮かぶ」
物事の内容・意味などがはっきりしないさま。「言うことが朦朧としている」
意識が確かでないさま。「頭が朦朧とする」
[類語](1ぼんやりぼうっとぼうぼやっとぼけっとぽっとぼさぼさきょとんぽかんぽかりもやもやおぼろおぼろげ不鮮明ばく漠然ばくぜん不詳未詳未知未確認迷宮入り陰る曇る霞む掻き曇るぼやける暈ける掠れるどろん不透明/(2)(3模糊もこ茫漠ぼうばく茫茫ぼうぼうなんとなくなんだかそこはかとないほんのりなんとはなしどことなくそれとなしに心なしなにかしら思いなしかほのかぼけっとぼやける雲をつかむ不確かもやもや曖昧曖昧模糊ファジー茫乎ぼうこぼうっと漠漠不明瞭

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android