コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朦朧 モウロウ

デジタル大辞泉の解説

もう‐ろう【××朧】

[ト・タル][文][形動タリ]
ぼんやりとかすんで、はっきり見えないさま。「霧の中に朦朧と人影が浮かぶ」
物事の内容・意味などがはっきりしないさま。「言うことが朦朧としている」
意識が確かでないさま。「頭が朦朧とする」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

もうろう【朦朧】

( トタル ) [文] 形動タリ 
かすんではっきりと見えないさま。おぼろげなさま。 「霧であたりが-と霞む」 「 -たるが中に、只一点輝くものあるは、黄金の十字架なり/囚はれたる文芸 抱月
意識がぼんやりとしてはっきりしないさま。 「意識が-となる」
物事のはっきりとしないさま。 「誰が読んでも-として取り留めがつかないので/吾輩は猫である 漱石

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

朦朧の関連キーワード妄・孟・望・朦・毛・濛・猛・盲・網・耄・耗・蒙もうろう状態(朦朧状態)言い分ける・言分けるペイタオ(北島)取り締まりがない吾輩は猫であるトリアゾラム鈴木 清次郎ヒステリー症状精神病横山 大観カリエール日本美術院奥田元宋横山大観心因反応エピペン岡倉天心酔眼朦朧うっとり

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朦朧の関連情報