本居宣長旧宅(読み)もとおりのりながきゅうたく

国指定史跡ガイドの解説

もとおりのりながきゅうたく【本居宣長旧宅】


三重県松阪市殿町にある邸宅。指定名称は「本居宣長旧宅 同宅跡(どうたくあと)」。市街地の松阪魚町に位置し、国学の大成者として『古事記伝』などの著述で名高い本居宣長(1730~1801年)が幼時からその終焉まで居住した家。建物自体は1691年(元禄4)に宣長の祖父によって建てられ、奥行きのある敷地に建つ町屋造りの旧宅は、「店の間」と呼ばれる医療をした部屋、仏間、奥座敷、2階の書斎など8室で構成される。宣長が家業の町医者を営みながら研究や後学の指導に当たったところで、2階物置を改造した書斎は鈴屋(すずのや)の呼称で親しまれている。建物は1909年(明治42)に火災の心配から松坂城跡の現在地に移築され、その際、若干の修復を行って庭園や家の向きを旧状に戻している。宅跡は敷地から井戸や樹木まで往時のまま残され、旧宅とともに旧時を偲ぶことができる。もっとも著名な学者の旧宅として学術上その価値がきわめて高いことから、1922年(大正11)に国の史跡に指定され、1953年(昭和28)には移築前の跡地とともに特別史跡に、未指定だった宣長の子、春庭(はるにわ)の旧宅などが1967年(昭和42)に追加指定された。現在は、本居宣長記念館によって管理されている。JR紀勢本線ほか松阪駅から徒歩約15分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android