コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魚町 うおまち

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の魚町の言及

【魚市】より

… しかしこの魚市が発達したのは,江戸時代の都市勃興以後である。伏見には築城のころ魚屋町(伏見区),京都には1637年(寛永14)ころ魚棚町(下京区下魚棚通油小路西入)があり,都市の町名に肴町あるいは魚町,魚屋町などと称されるのは,ほとんど魚市場のあったところである。このほか錦小路魚市場は,近世以降現代でも有名であるが創立年代は不詳である。…

※「魚町」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

魚町の関連キーワード静岡県静岡市清水区江尻町小倉(福岡県)魚町商店街火災山陰合同銀行田辺 安太郎中部 幾次郎本居宣長旧宅甲府(市)大和郡山市中部幾次郎広瀬淡窓墓金紋両國気仙沼市さかな石巻市田川市豊橋市雑物替ナフコ青柏祭

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

魚町の関連情報