コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李陸史 りりくし Yi Yuksa

4件 の用語解説(李陸史の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李陸史
りりくし
Yi Yuksa

[生]光武8(1904).4.4. 慶尚北道,安東,陶山面遠村里
[没]1944.1.16. 北京
朝鮮の詩人,独立運動家。本名,源禄,のち源三,活などと改名。陸史は号。李退渓の後裔。北京大学社会科に学んだ。雑誌社,新聞社,社会運動に関係したほか独立運動に参与し,前後 17回も投獄された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

李陸史【りりくし】

朝鮮の詩人,独立運動家。本名は源三,源禄。朱子学者李退渓〔1501-1570〕の子孫。早くから兄弟とともに独立運動の団体と接触,中国との間を行き来し,たびたび投獄される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

りりくし【李陸史 (R)I (R)Yuk‐sa】

1904‐44
朝鮮の詩人,独立運動家。本名は李源禄,のち活と改名。慶尚北道安東生れ。1932年中国南京郊外にあった義烈団系の朝鮮革命幹部学校第1期生として入校,33年卒業,帰国した。33年から詩を書きはじめ植民地下の民族の悲哀をうたった。《青葡萄》《黄昏》など抒情的で牧歌的な詩を書く一方で,《絶頂》《曠野》《花》など抵抗の意志を盛りこんだ詩を残した。中国文学,特に魯迅の作品に強い関心を持ち,《魯迅追悼文》を書き,《故郷》を記し,胡適の《中国文学五十年史》を紹介(抄訳)した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

李陸史
りりくし / イユクサ
(1904―1944)

朝鮮の詩人、独立運動家。慶尚北道の生まれ。1923年(大正12)日本留学。1932年から2年間、朝鮮革命幹部学校である南京(ナンキン)郊外の国民政府軍事委員会幹部訓練班第六隊で訓練を受けたのち帰国。民族主義系の地下独立運動組織である義烈団のメンバーとして北京(ペキン)との間を何度も行き来して投獄は17回に及び、解放直前北京で獄死した。彼の詩は民族の受難の時期に、解放を希求してあくまでも屈しない民族の強い抵抗の意志を格調高く歌っている。代表作に『曠野(こうや)』『絶頂』がある。また彼は『魯迅(ろじん)論』をはじめ、現代中国の文学、政治を積極的に論じた、朝鮮では数少ない文学者でもあった。没後『陸史詩集』(1946)が編まれ、その後論文、エッセイなども集めて『李陸史全集』(1975)が韓国(大韓民国)で出版されている。[大村益夫]
『伊吹郷訳『青ぶどう――イユクサ詩文集』(1990・筑摩書房) ▽安宇植訳『李陸史詩集』(1999・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

李陸史の関連キーワード金九三・一独立運動・三一独立運動三・一独立運動韓竜雲洪命熹申采浩植村諦姜徳相曺晩植沈薫

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone