コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東市来[町] ひがしいちき

百科事典マイペディアの解説

東市来[町]【ひがしいちき】

鹿児島県日置郡,薩摩半島北西部の旧町。湯之元温泉があり,鹿児島本線が通じる。低地米作,台地上で野菜,茶,タバコ,果樹を産し,畜産も行う。江口漁港を中心に沿岸漁業を行い,いりこを産する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひがしいちき【東市来[町]】

鹿児島県西部,日置郡の町。人口1万3692(1995)。薩摩半島北西部に位置し,西は東シナ海に面する。重平山,中岳などの山地シラス台地が町域の大半を占め,平地は中小河川沿いに限られる。南西部を鹿児島本線と国道3号線が,海岸沿いを270号線が通る。近世期には九州街道(西目街道)に沿う要地として栄えた。産業の中心は農業で,平地部では米作,台地上ではイチゴ,野菜,スイカの栽培が行われる。江口漁港を中心に沿岸漁業も行われ,いりこを産する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

東市来[町]の関連キーワード湯之元[温泉]薩摩焼

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android