東征絵伝(読み)とうせいえでん

世界大百科事典 第2版の解説

とうせいえでん【東征絵伝】

奈良時代に,日本に律宗を伝え唐招提寺の開祖となった唐僧鑑真(がんじん)の事績を描いた絵巻。鎌倉時代における南都旧仏教復興の機運を背景として,1298年(永仁6)鎌倉極楽寺の開山忍性が六郎兵衛蓮行なる画工に描かせ,本山唐招提寺に施入したことが奥書や端書によって知られ,現在5巻本として唐招提寺に所蔵されている。内容は,奈良時代末779年(宝亀10)に淡海三船(おうみのみふね)が撰した《唐大和上(とうだいわじよう)東征伝》に基づき,鑑真の孫弟子豊安の《鑑真和上三異事》をも参照して,和文化した詞書に絵をつけたもの。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東征絵伝
とうせいえでん

鎌倉後期の絵巻。五巻。奈良・唐招提寺(とうしょうだいじ)蔵。重要文化財。「東征絵巻」「東征伝絵巻」ともいう。唐の高僧で、唐招提寺の開祖として知られる鑑真和上(がんじんわじょう)の生涯を説いた高僧絵伝で、詞(ことば)は奈良時代の淡海三船(おうみのみふね)著『唐大和上(とうだいわじょう)東征伝』を和文に翻案したもの。14歳で出家する段に始まり、日本の入唐僧栄叡(えいえい)、普照らの懇請により渡日を図り、再三の苦難を経て来朝、唐招提寺に入寂するまでの物語が描かれる。各巻(第二巻を除く)の奥書により、詞は美作前司(みまさかのせんじ)宣方(のぶかた)ら4人、絵は六郎兵衛(ろくろうびょうえ)蓮行(れんぎょう)で、1298年(永仁6)の作であることがわかり、また一部見返しには、唐招提寺の末寺(まつじ)である鎌倉極楽寺の開山、忍性(にんしょう)が本寺に施入(せにゅう)したことが記される。蓮行の伝記は明らかでないが、鎌倉在住の画工と推定されている。作中唐土における場面が多く、背景の山水、樹法などに宋(そう)の画風を意識した描法が支配的であり、また地方画壇特有の雰囲気も認められ、13世紀の絵巻としては特異の作風を示す。制作年代の明らかな点とあわせ、絵画史的にも重要である。[村重 寧]
『小松茂美編『日本絵巻大成16 東征伝絵巻』(1978・中央公論社) ▽亀田孜編『新修日本絵巻物全集21 東征伝絵巻』(1978・角川書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android