コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵屋佐吉(2世) きねやさきち[にせい]

1件 の用語解説(杵屋佐吉(2世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杵屋佐吉(2世)
きねやさきち[にせい]

長唄三味線方,杵佐派の家元。1世杵屋佐吉孫弟子和助が襲名。文政~天保年間 (1818~44) に活躍。『浅妻船』,『寒行雪姿見』 (『まかしょ』) の作曲者として知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の杵屋佐吉(2世)の言及

【まかしょ】より

…作詞2世桜田治助。作曲杵屋(きねや)和助(2世杵屋佐吉)。振付3世藤間勘兵衛。…

※「杵屋佐吉(2世)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone