コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松の緑 まつのみどり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松の緑
まつのみどり

長唄曲名。作曲者杵屋六翁 (4世杵屋六三郎 ) 。安政年間 (1854~60) 頃の作曲と思われる。六翁の娘せいが杵屋ろくを襲名したときの披露曲。全曲本調子。郭気分と遊女の姿を歌った短い曲ではあるが,粋な節回しを十分に聞かせる曲である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

まつのみどり【松の緑】

長唄。杵屋六翁(4世六三郎)が、娘の改名披露の祝賀曲として作曲。天保11~安政2年(1840~1855)の成立。素踊りとしても用いられる。
うた沢仮名垣魯文作詞、哥沢土佐太夫作曲。芝派だけの祝儀曲。「松寿千年」とも。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

松の緑【まつのみどり】

長唄の曲名。作詞者不詳,4世杵屋六三郎(後の初世杵屋六翁)作曲。作曲年代は不明。天保年間(1830年―1844年)説と安政年間(1854年―1860年)説とがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まつのみどり【松の緑】

(1)長唄の曲名。杵屋(きねや)六翁(4世杵屋六三郎)作曲。六翁の末娘せいが杵屋六を襲名したときの記念の祝賀曲。作詞者は不明であるが,加藤千蔭の和歌〈今年より千たびむかふる春ごとになほも深めに松のみどりか〉を引用し,これを廓気分におきかえて優雅に綴っている。みどりは禿(かむろ)の名によくあるので,娘をこれに見立て,禿の初々(ういうい)しさを述べ,将来は松の位の太夫になるべき風格を備えていると歌って,娘の前途を祝福している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

まつのみどり【松の緑】

松の新芽。若緑。 [季] 春。

まつのみどり【松の緑】

長唄の一。杵屋六翁(四世六三郎)作曲。詞は加藤千蔭の和歌に文句を継いだもの。安政(1854~1860)頃、六翁の娘せいが杵屋六を名乗った披露の折の祝儀曲。禿かむろが松の太夫に昇ることになぞらえ発展栄華を祝ったもの。
うた沢の一。仮名垣魯文作詞、哥沢土佐太夫作曲。芝派のみにある祝儀曲。松寿千年。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松の緑
まつのみどり

長唄(ながうた)の曲名。4世杵屋(きねや)六三郎(後の六翁(ろくおう))作曲。安政(あんせい)期(1854~60)の作品といわれ、六翁の娘の名披露目(なぴろめ)の会に唄われた。娘を松の若葉の初々しさに例え、将来は禿(かむろ)から太夫(たゆう)になるべき風格を備えるようにと詠み、娘の前途を祝した内容。全体に短い作品のため、長唄の入門曲とされ、下座(げざ)の稽古(けいこ)唄などにもよく使われるが、唄と三味線の兼ね合いがむずかしく、具体的な旋律進行も少なく、声の音域も高いので、曲の趣(おもむき)を表現するには熟練を必要とする。なおうた沢の御祝儀曲にも、仮名垣魯文(かながきろぶん)作詞、哥沢(うたざわ)土佐太夫作曲の同名曲がある。[茂手木潔子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

松の緑の関連キーワード杵屋六三郎(4代)杵屋六三郎(4世)上林[温泉]二波山 松緑讃岐平野寝覚ノ床浄土ヶ浜天草松島三成順子千年乃松群田鶴若緑如し独吟常磐新芽松翠

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松の緑の関連情報