松尾宗二(2)(読み)まつお そうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松尾宗二(2) まつお-そうじ

1677-1752 江戸時代中期の茶人。
延宝5年生まれ。松尾家5代宗俊の養子となり,京都にすむ。表千家6代千宗左(そうさ)に師事。享保(きょうほう)9年松尾流茶道をひらく。松尾流では辻玄哉(げんさい)を初代,この宗二を6代にかぞえることもある。豪商高田太郎庵らに茶をおしえ,名古屋に茶道をひろめた。宝暦2年9月5日死去。76歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。名は重賢。通称は治兵衛。号は楽只斎。著作に「敝帚記(へいそうき)」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android