松木荘左衛門(読み)まつき しょうざえもん

  • 1625?―52?
  • まつきしょうざえもん
  • 松木荘左衛門 (まつきしょうざえもん)
  • 松木荘左衛門 まつき-しょうざえもん
  • 松木荘左衛門 まつのき-しょうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1625-1652 江戸時代前期の一揆(いっき)指導者。
寛永2年1月25日生まれ。17年16歳で若狭(わかさ)(福井県)新道村の庄屋役となり,二十余名の総代筆頭として小浜藩に,大豆年貢の軽減嘆願同志が脱落するなか最後までがんばり,いはいれられたが,慶安5年5月16日処刑された。28歳。名は長操(ながもち)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

没年:承応1.5.16?(1652.6.21)
生年:寛永2?(1625)
江戸前期,若狭国(福井県)小浜百姓一揆の指導者と伝える。松木は「まつのき」とも読み,庄左衛門とも書く。義民伝では,寛永年間(1624~44)入部した酒井氏の城普請と大豆徴収を不満とし,寛永17(1640)年全領庄屋が集合,16歳で遠敷郡新道村庄屋の荘左衛門ら20人余が減租訴願の総代に選ばれた。藩は何度も願書を却下したが,訴願を続ける総代を慶安1(1648)年捕縛,牢内でも強硬な荘左衛門を承応1(1652)年磔刑に処した。法名長操。その後領民は戸毎に新大豆を神棚に供えるようになり,義民譚が生まれた。18世紀以降墓,,石塔の建立が続き,明治17(1884)年小室信介『東洋民権百家伝』に収められた。24年に記念碑,昭和8(1933)年に松木神社が建てられた。

(深谷克己)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江戸初期の伝説的義民。庄左衛門とも。若狭(わかさ)国遠敷(おにゅう)郡新道(しんどう)村(福井県若狭町)の庄屋の家に生まれたという。戒名松木長操居士(ちょうそうこじ)。彼については、はるか後代の文献中の伝説的記事しかない。小浜(おばま)の豪商木崎惕窓の『拾椎(しゅうすい)雑話』(1757)によると、京極(きょうごく)家か酒井家の初めに小浜藩では大豆納年貢の一俵四斗入りを四斗五升入りに改めたのに対して郷中一統して訴訟したが入れられず、うち数百人が旧制に戻すことを要求して押しかけた。藩はこの願いは入れたが、徒党の罪で張本人の松木を日笠(ひかさ)河原で磔刑(たっけい)に処した。以後、秋大豆を彼に供えるのが、郷中の慣例となったという。藩士嶺尾信之(みねおのぶゆき)の『玉露叢(ぎょくろそう)』(1720)もほぼ同じことを伝えるがこれを酒井忠勝(ただかつ)の時代とし、忠勝がその三大失政の一つと認めているとする。1882年(明治15)自由民権家古沢滋(しげる)・城山静一が地元伝承を聞いて松木顕彰の建碑運動をおこし、小室信介(こむろしんすけ)が『東洋義人百家伝』で彼のために1章を割いて以来全国的に有名となる。小室は口承により、訴願が京極時代の1607年(慶長12)に始まり、19年(元和5)処刑としていたが、その後『玉露叢』などの記事が知られて、忠勝時代の52年(承応1)刑死とされるに至った。闘争の内容や経過については、小室の記述以後発展をみず、不明確。右二書の伝える忠勝時代の貸米ないし売付米の高値強制に反対する小浜町民闘争の張本人磔刑についての記事は、その後忠勝の書状や日記など当時の文書記録により、42年(寛永19)閏(うるう)9月の貸米代銀納入延期闘争で指導者3人が磔刑になった事件の反映であることが確かめられた。また同史料によると、同じころ遠敷郡野代(のだい)、生守(いごもり)、尾崎(おざき)、飛川(ひがわ)の四か村庄屋が当作のことで直訴(じきそ)したかどで、敦賀(つるが)郡の名主5人が年貢未進(みしん)のかどで投獄されており、後者は三千俵もの未進を期限を切って皆済する約束で釈放されている。だが未進は続き、藩は未進を組織する「徒(いたずら)もの」「悪事之棟梁(とうりょう)」は藩主の承認をまたず磔刑にしてもよいなどと通達していることが新たに知られてきた。しかしこれらの史料には松木も新道村も現れず、35~36年だけは大豆が問題となるが、磔刑になるほどの深刻な事態にはほど遠い。松木の事件はやはり1642年の未進闘争の一環で藩史料には現れず、民間には大豆納闘争として伝えられたのではなかろうか。

[林 基]

『小室信介著『東洋民権百家伝』(岩波文庫)』『永江秀雄編『若狭の義民』(1981・松木神社奉賛会)』『『小浜市史 藩政史料編一』(1983・小浜市)』『藤井譲治「『おり米』と寛永19年の騒動」(『小浜市史紀要』第四輯所収・1977・小浜市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1625年1月25日
江戸時代前期の若狭小浜藩百姓一揆の指導者
1652年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android