コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板室温泉 いたむろおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

板室温泉
いたむろおんせん

栃木県北部,那須岳の南西麓,湯川渓谷に位置する温泉。那須温泉郷に属する。泉質単純泉泉温は 35~46℃。古来動脈硬化症特効があるといわれ,湯治客が多い。国民保養温泉地に指定。那須岳への観光ルートも開かれ,観光地となった。付近は日光国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔栃木県〕板室温泉(いたむろおんせん)


栃木県北部の那須(なす)塩原市、那珂(なか)川上流の渓谷にわく国民保養温泉。那須七湯の一つ。古くから「下野(しもつけ)の薬湯」とよばれた。北約4kmの奥那須国民の森(自然休養村)・沼原(ぬまっぱら)湿原への入り口。ナトリウム‐硫酸塩泉。泉温49.7℃。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

板室温泉
いたむろおんせん

栃木県那須塩原(なすしおばら)市の那珂(なか)川上流部、塩沢にある那須(なす)温泉郷の一湯。塩沢の湯ともよばれた。泉質は単純温泉。古くから下野(しもつけ)の薬湯として有名で現在も老人の湯治客が多いが、湯治場から温泉観光地へと脱皮しつつある。那珂川上流の深山(みやま)ダムを経て、三斗小屋(さんどごや)、那須(なす)岳方面へ登山道も通じ、紅葉のシーズンに観光客が多い。国民保養温泉地に指定されている。那須高原の自然や温泉について学べる板室自然遊学センターがある。JR黒磯駅からバス35分。[櫻井明久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

板室温泉の関連キーワード那須高原板室オートキャンプ場ナーデルバウム栃木県那須塩原市黒磯栃木県那須塩原市国民保養温泉自然休養村那須塩原市川上流那珂薬湯下野沼原塩沢

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

板室温泉の関連情報