コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板室温泉 いたむろおんせん

3件 の用語解説(板室温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

板室温泉
いたむろおんせん

栃木県北部,那須岳の南西麓,湯川の渓谷に位置する温泉。那須温泉郷に属する。泉質は単純泉。泉温は 35~46℃。古来動脈硬化症に特効があるといわれ,湯治客が多い。国民保養温泉地に指定。那須岳への観光ルートも開かれ,観光地となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔栃木県〕板室温泉(いたむろおんせん)


栃木県北部の那須(なす)塩原市、那珂(なか)川上流の渓谷にわく国民保養温泉。那須七湯の一つ。古くから「下野(しもつけ)の薬湯」とよばれた。北約4kmの奥那須国民の森(自然休養村)・沼原(ぬまっぱら)湿原への入り口ナトリウム硫酸塩泉。泉温49.7℃。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

板室温泉
いたむろおんせん

栃木県那須塩原(なすしおばら)市の那珂(なか)川上流部、塩沢にある那須(なす)温泉郷の一湯。塩沢の湯ともよばれた。泉質は単純温泉。古くから下野(しもつけ)の薬湯として有名で現在も老人の湯治客が多いが、湯治場から温泉観光地へと脱皮しつつある。那珂川上流の深山(みやま)ダムを経て、三斗小屋(さんどごや)、那須(なす)岳方面へ登山道も通じ、紅葉のシーズンに観光客が多い。国民保養温泉地に指定されている。那須高原の自然や温泉について学べる板室自然遊学センターがある。JR黒磯駅からバス35分。[櫻井明久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

板室温泉の関連キーワード那須栃木県那須塩原市青木栃木県那須塩原市関谷栃木県那須塩原市千本松栃木県那須塩原市中塩原栃木県那須郡栃木県那須郡那須町栃木県那須塩原市三島栃木県那須塩原市百村栃木県那須塩原市湯本塩原

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

板室温泉の関連情報