コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳宗理 やなぎむねみち

5件 の用語解説(柳宗理の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柳宗理
やなぎむねみち

[生]1915.6.29. 東京
[没]2011.12.25. 東京
工業デザイナー。通称「やなぎそうり」。民芸研究家の柳宗悦と声楽家柳兼子の長男。1940年東京美術学校洋画科を卒業。第2次世界大戦工業デザインの世界に入り,1950年に柳インダストリアルデザイン研究所を設立し,活躍の場を広げた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やなぎ‐そうり【柳宗理】

[1915~2011]インダストリアルデザイナー。東京の生まれ。本名、むねみち。宗悦(むねよし)の子。白磁の食器から札幌冬季オリンピックの聖火台まで、幅広い工業デザインを手がけた。代表作に「バタフライスツール」がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

柳宗理【やなぎそうり】

インダストリアル・デザイナー。父は日本の民芸運動の創始者,柳宗悦,母は声楽家の兼子。東京生れ。日本の産業界に〈インダストリアル・デザイン〉が浸透しはじめた1950年代から第一線で活躍。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳宗理 やなぎ-むねみち

1915-2011 昭和-平成時代のインダストリアルデザイナー。
大正4年6月29日生まれ。柳宗悦(むねよし)・柳兼子(かねこ)の長男。柳宗玄(むねもと),宗民(むねたみ)(園芸研究家)の兄。昭和17年坂倉準三建築事務所にはいり,フランスのデザイナー,ペリアンの助手をつとめる。27年の日本インダストリアルデザイナー協会の創立,35年東京での世界デザイン会議の開催にかかわる。53年日本民芸館館長。平成14年文化功労者。平成23年12月25日死去。96歳。東京出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。代表作に椅子「バタフライスツール」,札幌冬季五輪聖火台など。

柳宗理 やなぎ-そうり

やなぎ-むねみち

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

柳宗理の関連キーワード東義国天城勲伊藤憲治内田繁神品芳夫須賀敦子築島裕西野入尚一安井吉典押川典昭

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

柳宗理の関連情報