コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳宗理 やなぎむねみち

5件 の用語解説(柳宗理の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柳宗理
やなぎむねみち

[生]1915.6.29. 東京
[没]2011.12.25. 東京
工業デザイナー。通称「やなぎそうり」。民芸研究家の柳宗悦と声楽家柳兼子の長男。1940年東京美術学校洋画科を卒業。第2次世界大戦工業デザインの世界に入り,1950年に柳インダストリアルデザイン研究所を設立し,活躍の場を広げた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

やなぎ‐そうり【柳宗理】

[1915~2011]インダストリアルデザイナー。東京の生まれ。本名、むねみち。宗悦(むねよし)の子。白磁の食器から札幌冬季オリンピックの聖火台まで、幅広い工業デザインを手がけた。代表作に「バタフライスツール」がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

柳宗理【やなぎそうり】

インダストリアル・デザイナー。父は日本の民芸運動の創始者,柳宗悦,母は声楽家の兼子。東京生れ。日本の産業界に〈インダストリアル・デザイン〉が浸透しはじめた1950年代から第一線で活躍。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳宗理 やなぎ-むねみち

1915-2011 昭和-平成時代のインダストリアルデザイナー。
大正4年6月29日生まれ。柳宗悦(むねよし)・柳兼子(かねこ)の長男。柳宗玄(むねもと),宗民(むねたみ)(園芸研究家)の兄。昭和17年坂倉準三建築事務所にはいり,フランスのデザイナー,ペリアンの助手をつとめる。27年の日本インダストリアルデザイナー協会の創立,35年東京での世界デザイン会議の開催にかかわる。53年日本民芸館館長。平成14年文化功労者。平成23年12月25日死去。96歳。東京出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。代表作に椅子「バタフライスツール」,札幌冬季五輪聖火台など。

柳宗理 やなぎ-そうり

やなぎ-むねみち

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

柳宗理の関連キーワード宣誓阿見201高校野球久仁明心憎い粕屋(町)周遊券ポエニ戦争大下 弘ブラッグ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

柳宗理の関連情報