コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石勝線 せきしょうせん

5件 の用語解説(石勝線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石勝線
せきしょうせん

北海道南部を走る鉄道。南千歳-追分-新夕張-新得間 132.4kmと新夕張-夕張間 16.1kmからなる。 JR北海道日高山脈夕張山地を横断して,道央の石狩平野と道東の十勝平野を結ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せきしょう‐せん【石勝線】

千歳線南千歳から追分を経て根室本線新得(しんとく)に至るJR線。新夕張・夕張間を含む。名称は石狩十勝を結ぶところから。追分・夕張間は明治25年(1892)北海道炭礦鉄道として開業、同39年国有化により夕張線、昭和56年(1981)全通により石勝線と改称。全長148.5キロ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

石勝線【せきしょうせん】

北海道,南千歳と新得,新夕張と夕張を結ぶJR線。営業キロ148.5km。1962年着工,道央と道東の最短ルートとして1981年10月営業開始。追分〜夕張間は旧夕張線で,新夕張〜新得間開業と同時に改称。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せきしょうせん【石勝線】

千歳線南千歳(旧,千歳空港)駅を起点とし根室本線新得駅に至る132.4km,および途中駅の新夕張から夕張まで16.1kmの計148.5kmのJR北海道の営業線。1981年10月道央(札幌)と道東とを結ぶ短絡線として誕生した。同線の開業で札幌から帯広,釧路方面への特急,急行列車はすべて石勝線経由となり,従来の根室本線経由と比べて札幌~帯広間では約1時間,千歳空港~帯広間では約2時間短縮された。同線中の追分~新夕張~夕張間は旧夕張線で,千歳空港~追分間と新夕張~新得間開業と同時に全線石勝線と改称された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石勝線
せきしょうせん

北海道南部を走る北海道旅客鉄道の線路名称。南千歳(ちとせ)(新千歳空港駅の開業に伴い、千歳空港を改称)―新夕張(しんゆうばり)―新得(しんとく)間132.4キロメートル(うち上落合(かみおちあい)信号場―新得間24.1キロメートルは根室(ねむろ)本線との共用区間)、および新夕張―夕張間16.1キロメートルよりなり、全線単線、非電化。北海道の脊梁(せきりょう)山脈である日高山脈と夕張山地を横断して、道央の石狩(いしかり)平野と道東の十勝(とかち)平野を連絡する。とくに北海道の玄関に相当する新千歳空港や中心都市札幌を道東に短絡させ、北海道の幹線鉄道網の一部となっている。札幌―釧路(くしろ)(または帯広(おびひろ))間の特急列車のほか、南千歳―新夕張―夕張間には普通列車が走る。1981年(昭和56)10月、南千歳―追分(おいわけ)間、新夕張(紅葉山(もみじやま)駅を開業に際して改称)―上落合信号場間を開業し、同時に既設の夕張線追分―新夕張―夕張間(1892年北海道炭礦(たんこう)鉄道により開業、1906年国有化)を編入した。日高山脈を横断する部分は鵡川(むかわ)および沙流(さる)川上流部の険しい山地で、人口も少なく、駅間距離が大きい。新夕張―新得間89.4キロメートルに中間駅は2駅しかなく、列車交換のため中間に合計12か所の信号場がある。また、険しい山地を通過するため、トンネルと橋梁の多いことでも有名で、北海道で第1位(新登川(しんのぼりかわ)トンネル、5825メートル)より第3位までと第5位の長大トンネルはこの線にある。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、北海道旅客鉄道に所属。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石勝線の関連情報