根小屋(読み)ねごや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

根古屋とも書く。日本の中世に発達した豪族屋敷村起源をもつ集落。中世の名主地頭などの居館は主として丘陵台地の先端などにあり,そのふもとにあたるところに,これを囲んで家臣団その他の従属する人々の集落が形成された。この集落を根小屋といった。室町時代から戦国時代にかけて各地に発達したが,特に関東地方の山地帯に多い。呼称は地方によって異なるが,根小屋,堀ノ内,堀籠 (ほりごめ) ,箕輪 (みのわ) ,寄居などの地名の存するところは,このような集落が存在したことを示す。中国,四国地方で土居 (どい) とか山下 (さんげ) ,九州地方で麓 (ふもと) や府本とか拵 (かこい) と呼んだ集落も同類型のものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

根古屋とも記す。日本中世の集落形態の一つ。豪族の館を中心として山や丘陵の麓に発達した集落。戦時山城に詰めるため,根小屋集落平時の住居であった。呼称は地域によって異なり,薩摩では麓,肥後では拵(かこい),中国・四国では土居(どい),山下(さんげ),関東では堀の内,堀籠(ほりごめ),根小屋,箕輪(みのわ),寄居(よりい)などと呼んだ。
→関連項目城下町

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

中世後期山城(やまじろ)の麓にあった城主の館やその周辺の屋敷地。おもに東国で用いられた語で,後に集落の地名となって根古屋猫屋などと書かれることもある。城主が平時は麓に居住し,戦時に山城に詰めるという形は中世後期に全国的に共通していたので,根小屋の用語の使われなかった地方も含め,このようなタイプの城郭を根小屋式と形容することがある。【村田 修三】 半農半士的な性格を有する地方豪族により造営された居館集落の場合は,丘陵や台地の上に城館を築造し,家人や名子,下人などの隷属百姓をその麓付近や崖端に集住させて集落を形成した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「ねこや」とも)
① 戦国時代、山城のふもと周辺に置かれた城兵の集落。主として関東での称。
※甲陽軍鑑(17C初)品二三「其次日は、頼茂居館の小城へをしよせ、ねこやまで焼候へ共」
② 江戸時代、樹木の根を買い、これを看板あるいは床の間に用いる板などに挽(ひ)いて売ったもの。〔随筆・守貞漫稿(1837‐53)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の根小屋の言及

【城下町】より

…戦国期に成立をみ,近世社会の解体とともに消滅するが,近現代都市の主要な都市の多くが城下町をその系譜にもつ。
[戦国期]
 南北朝期前後に在地領主の争乱から山城の城郭がつくられ,そのふもとに根小屋,山下という領主居館と家子,郎党の屋敷集落が設けられたが,それは商職人の町をもたなかった。室町期には守護の大名化にともない守護所を中心に守護町を生むものがあったが,それは城郭をもたない屋形町であった。…

※「根小屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

根小屋の関連情報