コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀の内 ホリノウチ

デジタル大辞泉の解説

ほり‐の‐うち【堀の内】

中世、領主が家屋敷の周囲に手作りの田を所有し、そのまわりを堀で囲んだ地域。のちに、城下町のうち、堀を周囲にめぐらした中の町をもいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

堀の内【ほりのうち】

三輪(みのわ),箕輪(みのわ)などと同じく,中世の堀に囲まれた武士の屋敷地をさし,根小屋集落の関東地方の呼称の一つ。のちに地名化したものが多く,日蓮宗妙法寺の門前町として発達した東京都杉並区堀ノ内は有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

堀の内

古典落語の演目のひとつ。「あわてもの」とも。上方では「いらちの愛宕詣り」もしくは「愛宕詣り」と題する。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほりのうち【堀の内】

落語。原話は,《軽口(かるくち)福徳利》(1752)所収の〈粗相(そそう)な年礼(ねんれい)〉ほか。そこつ者が,そこつをなおすために堀の内のお祖師(そし)様を信心することになるが,反対方向へ歩いたりしたあげくにやっとたどり着く。弁当にしようとすると,女房の腰巻で箱枕が包んであった。帰って女房を叱ったつもりが隣家で,謝るとわが家だった。子どもをつれて銭湯へ行き,よその子の着物をぬがせたり,他人を洗ったりと失敗したすえに,子どもの背中を洗いはじめたが,〈おそろしく大きな背中だなあ〉〈おとっつぁん,それは湯屋の羽目(はめ)だよ〉。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほりのうち【堀の内】

中世在地領主の屋敷地内。
城下町の堀の内側に形成された町。地名として残っている所が多い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の堀の内の言及

【土居】より

…また,全国に建設された国分寺,国分尼寺のうち,遠江や陸奥国分寺では寺地境界に土塁を築いていたことが知られている。中世においては土居の外側に(濠)をうがつことが多く,その内側を〈堀の内〉とも呼んだ。 土居のなかで最も大規模なものとして,1591年(天正19)に豊臣秀吉が京都の周囲にめぐらした〈御土居(おどい)〉がある。…

※「堀の内」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

堀の内の関連情報