コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂園一枝 けいえんいっし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桂園一枝
けいえんいっし

江戸時代後期の歌集香川景樹著。3巻。文政 11 (1828) 年自選,同 13年刊。春,夏,秋,冬,「事につき時にふれたる」,恋,雑,雑体の各部に分類され,歌数は 983首。題詠が多いが,若い頃上京した際の歌,本居宣長にすすめられて詠んだ歌など,伝記的に注目される作もある。「事につき時にふれたる」は,内容的には四季歌,雑歌などから成り,佳作が少くない。歌風はおおむね平明温雅。なお,嘉永2 (49) 年,門弟渡忠秋が編んだ『桂園一枝拾遺』 (2巻) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けいえんいっし〔ケイヱンイツシ〕【桂園一枝】

江戸末期の私家集。3巻。香川景樹自撰。天保元年(1830)刊。古今調で清新の気に富んだ983首を収める。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

桂園一枝【けいえんいっし】

香川景樹の歌集。3巻3冊。1828年成立,1830年刊。四季,恋,雑,雑体(長歌旋頭歌(せどうか),俳諧(はいかい)歌)からなる。持論の〈しらべ〉を実践した流麗清新な歌風である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けいえんいっし【桂園一枝】

香川景樹の自撰歌集で,1828年(文政11)成立,30年刊。四季・事につき時にふれたる・恋・雑・雑体(長歌,旋頭歌,俳諧歌)の部立がなされ,983首を収める。古今調の流麗・優美な歌風を特徴とするが,あるがままの純粋感情を重んじた歌論に沿った〈事につき時にふれたる〉に独自な境地を開き,江戸時代後期を代表する歌集とされる。景樹の歌集には,ほかに,没後に編まれた《桂園一枝拾遺》がある。【佐佐木 幸綱】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

けいえんいっし【桂園一枝】

歌集。三巻。香川景樹作。自撰。1828年成立、30年刊。桂園派の代表的歌集。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桂園一枝
けいえんいっし

香川景樹(かげき)(号、桂園)の自撰(じせん)家集。1830年(文政13)刊行。書名は『晋書(しんじょ)』の「猶桂林一枝崑山片玉(なおけいりんいっしこんざんへんぎょくのごとし)」からとられた。春・夏・秋・冬・恋・雑・事につき時に触れたる・雑体(長歌・旋頭歌(せどうか)・俳諧(はいかい)歌)に部類し、計983首が収められている。「筏(いかだ)おろす清滝川のたきつ瀬にちりて流るゝ山吹のはな」にみられるように、調(しらべ)を基調とする清新優雅な歌風が特色である。また、『桂園一枝拾遺』は計612首を収め、1849年(嘉永2)に刊行された。[兼清正徳]
『『桂園一枝 全』(1934・有朋堂文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

桂園一枝の関連キーワード鈴木 忠孝仲田顕忠鈴木忠孝有明月夜秋山光彪小林歌城桂園派

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android