コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

(読み)サワラ

デジタル大辞泉の解説

さわら〔さはら〕【×椹】

ヒノキ科の常緑大高木。山林中に自生し、高さ30~40メートル。樹皮灰褐色で、縦に裂けてはげる。葉はうろこ状でヒノキに似るが、先がとがる。4月ごろ、紫褐色で楕円形雄花と、黄褐色球形雌花をつける。庭木にし、植林もされる。材は耐水性が強く、桶や建具に用いる。さわらぎ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さわら【椹】

ヒノキ科の常緑高木。山中に自生し、高さは40メートルに達する。ヒノキに似るが、鱗片葉の先はとがり、球果は黄褐色に熟す。材を建築・器具・桶おけなどに用いる。ヒムロ・イトヒバなど園芸品種が多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

椹 (サワラ)

学名:Chamaecyparis pisifera
植物。ヒノキ科の常緑針葉高木,園芸植物

椹 (ムク)

植物。ニレ科の落葉高木,園芸植物,薬用植物。ムクノキの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

椹の関連情報