コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楊時 ようじ Yang Shi

5件 の用語解説(楊時の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楊時
ようじ
Yang Shi

[生]皇祐5(1053)
[没]紹興5(1135)
中国,宋の儒者。福建省南剣将楽の人。字は中立。号は亀山。官は竜図閣直学士にいたり,すこぶる治績があった。初め程 顥 (ていこう) に師事,その死後は程頤 (ていい) に従学した。その学には仏教,老荘の影響がみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よう‐じ〔ヤウ‐〕【楊時】

[1053~1135]中国、北宋の儒学者。将楽(福建省)の人。字(あざな)は中立。亀山(きざん)先生と称する。程顥(ていこう)・程頤(ていい)に学び、その正統を継ぐ。朱熹(しゅき)の学の祖といわれる。著「亀山集」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ようじ【楊時 Yáng Shí】

1053‐1135
中国,北宋の思想家。字は中立。亀山(きざん)先生と呼ばれ,楊亀山でも知られる。福建省の人。程顥(ていこう)(明道)・程頤(ていい)(伊川)の高弟。彼が故郷に帰るとき,程顥が〈わが道,南せり〉と言った話は有名。北宋の道学は,彼から羅従彦(予章),李侗(りとう)(延平)をへて朱熹(しゆき)(子)に伝えられるのである。その学風は,静座によって心を涵養(かんよう)するところに特色があるが,程伊川から〈理一分殊〉の思想を引き出した功績も軽視できない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ようじ【楊時】

1053~1135) 中国、北宋の儒者。字あざなは中立、号は亀山。官は竜図閣直学士に至る。二程子に学び、その正宗を受け継いだ。その学を羅従彦に伝え、再伝して李侗りとう、三伝して朱熹に伝わった。著「二程粋言」「亀山集」「亀山語録」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

楊時
ようじ
(1053―1135)

中国、北宋(ほくそう)の学者。字(あざな)は中立、号は亀山(きざん)。南剣州将楽(福建省)の人。官は竜図閣直学士(りゅうとかくちょくがくし)に至る。最初程(ていこう)(明道(めいどう))に師事し、程の死後、弟の程頤(ていい)(伊川(いせん))に師事した。程門の四先生の一人。程に従学した後、帰郷する楊時を見送った程が、「吾(わ)が道南(みなみ)す」といったのは有名な話で、その語のとおり、楊時によって二程の学説が華中・華南の地に広められ、南宋の朱熹(しゅき)(朱子)や張(ちょうしょく)(南軒(なんけん))に継承されていった。『二程粋言』を編集したほか、著に『亀山(きざん)語録』『亀山文集』がある。[佐藤錬太郎]
『鈴木喜一訳注『楊亀山』(『朱子学大系 第3巻 朱子の先駆 下』所収・1976・明徳出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

楊時の関連キーワード王廷相韓非謝良佐銭徳洪曹知白兼愛思想家郭熙曽参野村浩一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone