コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

構う カマウ

2件 の用語解説(構うの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かま・う〔かまふ〕【構う】

[動ワ五(ハ四)]
(多く打消しの表現を伴って用いる)その事柄や存在を気にかけて、規制された状態になる。
㋐気にする。気をつかう。「時間に―・わず押しかけて来る」「私に―・わないで先に行ってください」「なりふり―・わず働く」
㋑他の事とかかわって、差し支えが生じる。「費用がかかっても―・いませんか」

㋐世話を焼いたり、相手をしたりする。「私のことなんか誰も―・ってくれない」
㋑自分より弱い者や動物などを、相手にしてふざける。からかう。「猫を―・う」
㋒江戸時代、お構いの刑に処する。
「和泉堺をお―・ひなさる」〈浄・浪花鑑
㋓禁制する。監禁する。
「芝居も―・はるべき程の事なり」〈風来六部集・飛だ噂の評〉
[可能]かまえる
[動ハ下二]かまえる」の文語形。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かまう【構う】

( 動五[四] )
関心をもつ。気にかける。関係がある。多く打ち消しの形で用いる。 「なりふり-・わず働く」 「費用はいくらかかっても-・いません」 「人ニ-・ワヌ/日葡」
相手になる。世話をする。 「誰も-・ってくれない」 「子供を-・っている暇がない」
相手にしてふざける。からかう。 「犬を-・ってはいけない」
禁制にする。追放する。 「この土地を-・はれて幇間たいこもちをやめようとも/人情本・松の調」 〔「構える」に対する自動詞〕
[可能] かまえる
( 動下二 )

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

構うの関連キーワード意を得る完膚消えす定か忍び逢うてんで物の数打消し只者取合う

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

構うの関連情報