コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樒/梻 シキビ

デジタル大辞泉の解説

しきび【×樒/×梻】

シキミ別名

しきみ【×樒/×梻】

シキミ科の常緑小高木。山林中に自生。葉は互生し、長楕円形でつやがある。4月ごろ、黄白色の花をつける。果実は有毒。葉から抹香をとり、また仏前に枝を供える。仏前草。はなのき。こうしば。こうのき。しきび。 花=春》「花活(はないけ)に―の花の淋しいぞ/鬼城
[補説]「梻」は国字

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

葬儀辞典の解説

シキミ科の常緑小高木。山地に自生し、高さ約3メートル。全体に香気があります。その香りのために、樒を供えることはお香を焚くのと同じ意味を持ちます。

出典 葬儀ベストネット葬儀辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

樒 (シキミ)

学名:Illicium religiosum
植物。シキミ科の常緑小高木・高木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

樒/梻の関連キーワード花園(和歌山県)レ・クイ・ドン花やか・華やか三輪(能)愛宕信仰四方樒丹管士一本花鬼威し花立て樒・梻葬儀茶花六器散華韻致叩く門松

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android