コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テキ

デジタル大辞泉の解説

てき【的】

[接尾]
名詞に付いて、形容動詞の語幹をつくる。
㋐そのような性質をもったものの意を表す。「文学表現」「詩発想」
㋑それについての、その方面にかかわる、などの意を表す。「教育見地」「政治発言」「科学方法」
㋒そのようなようすの、それらしい、などの意を表す。「大陸風土」「平和解決」「徹底追求」
人名や人を表す語(また、その一部)に付いて、親しみや軽蔑(けいべつ)の気持ちを込めて、その人を呼ぶのに用いる。「取(=下級の力士)」「泥(=泥棒)」「幸(=幸次郎)」
[補説]1は、中国語の「の」の意味に当たる助辞の使い方にならって、明治時代の翻訳文のなかで、英語の‐ticなどの形容詞的な語の訳語に「的」を当てはめたことに始まる。
名詞以外にも、「彼は『犬も歩けば』的な慣用句を多用する癖がある」「彼の上から物申す的な態度が気になる」のように文や句を受ける用法もある。
また最近、「わたし的には」「ぼく的には」という若い人が増えて批判の対象となった。これは「わたしは」「ぼくは」と直截に言うのを避けた言い方である。「わたしとしては」「ぼくとしては」とぼかした表現で、「個人的には」「将来的には」などと同じ用法と見てよい。→方(ほう)とか

てき【的】[漢字項目]

[音]テキ(漢) [訓]まと
学習漢字]4年
ねらったり目ざしたりする対象。目標。まと。「的中金的射的標的目的
的に当たるように確かである。「的確
はっきりと分かるさま。「的然端的
…の。…のような。…に関する。「外的劇的公的詩的人的性的知的動的美的病的法的量的
[名のり]あきら・まさ

まと【的】

弓や銃砲などの発射の練習の目標にする道具。円形・方形など各種あるが、普通は中央に黒点を描いてある。標的。「―をねらう」

㋐物事をするときの目標・対象。めあて。「非難の―になる」「受験校の―を絞る」
㋑物事の核心。「―をそれた質問」
紋所の名。1を図案化したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まと【的】

弓術や射撃の練習・競技にあたって目標として立てる器具。的にはいろいろの種類があり,まず静止的と運動的とに大別される。静止的には標的,戦闘射撃的,落下的などの種類がある。標的は木製または厚紙製の平板で,たいていは白地の中央に黒円があり,その周囲に数個の同心円を描き,それぞれ点数が記してある。中心円の上下に縦線を引いた標的もあり,この線を的としていわゆる縦線射撃をおこなう。弓術ではもっぱら標的を使用する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

てき【的】

( 接尾 )
名詞およびそれに準ずる語に付いて、形容動詞の語幹をつくる。
主に物や人を表す名詞に付いて、それそのものではないが、それに似た性質をもっていることを表す。…のよう。…ふう。 「百科事典-な知識」 「母親-な存在」
主に抽象的な事柄を表す漢語に付いて、その状態にあることを表す。 「印象-な光景」 「積極-に行動する」 「定期-な検診」
物事の分野・方面などを表す漢語に付いて、その観点や側面から見て、という意を表す。上じよう。 「学問-に間違っている」 「事務-な配慮」 〔(ア)~(イ)は、もと中国、宋・元の俗語で「の」の意味を表す助辞であったものを、明治以降、英語の -tic を有する形容詞の訳語に用いたことに始まる〕
人の名前・行為・職業などを表す語、またはその一部に付いて、それに対する軽蔑や親しみの気持ちを表す。 「泥-(=泥棒)」 「取-(=ゴク下位ノ相撲取リ)」 「正まさ-(=正雄・正子ナド)」 〔中国の俗語にあったのをまねたもの〕

まと【的】

矢や弾丸を発射するときの目当て。練習用のものは、黒圏を中心に同心円を描いて作る。 「 -に当たる」
ものごとをするときの対象となるもの。関心などの向かうところ。 「攻撃の-をしぼる」 「あこがれの-」
核心。要点。 「 -外れの批評」
家紋の一。や、それに矢の当たったものを図案化したもの。
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


まと

弓を引くときなどに目標として置くもので、木板、紙、革、布を使用し、さまざまな形や大きさのものがある。古く朝廷において射礼(じゃらい)に用いた的は、2尺5寸(約76センチメートル)の円形板材に内より内院(内規)、中院(中規)、外院(外規)と三重の輪を黒く描いたもので、後世これを一の黒、二の黒、三の黒とよぶようになった。また、騎射には1尺8寸(約54センチメートル)の方形的を用いた。さらに武家社会のなかで弓射諸式が整備されるに及んでさまざまな形式のものが用いられるようになった。まず大的(おおまと)は径5尺2寸(約158センチメートル)のヒノキまたはタケの薄板を網代(あじろ)に組み、紙を張ったもので、大的の半分径のものを半的という。また、1尺2寸(約36センチメートル)以下の径のものを小的(こまと)という。そのほか径8寸(約24センチメートル)の板を革で包み中に毛を入れやや膨らみをもたせた丸物、丸物を小型(3、4寸=約10センチメートル)化した振々(ぶりぶり)(布利布利)や、扇、紙、木の葉、沓(くつ)、貝などを串(くし)に挟んで標的とする挟物(はさみもの)、さらに鹿(しか)形を射る草鹿(くさじし)などがある。流鏑馬(やぶさめ)、笠懸(かさがけ)の的も一種の挟物である。犬追物(いぬおうもの)は馬上から逃げ惑う犬を的として射る。
 なお現代の弓道競技における的は、近的(きんてき)競技では1尺2寸の星的または霞的(かすみまと)が使用され、遠的(えんてき)競技では径1メートルの霞的を使用するのが一般的である。射撃競技やアーチェリーの的についてはその項目を参照されたい。[入江康平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【化粧】より

…また最近では,〈美容〉という言葉を化粧と同義に用いることもあるが,これは化粧だけでなく,化粧の予備行為を含んでいる。
【文化人類学から見た化粧】

[文化的機能]
 化粧は本来,人間にとって最も普遍的,かつ原初的な装身行為であり,未開社会においてはひじょうに重要な文化要素の一つである。衣服を身につけない裸族や,衣服にほとんど関心を払わない民族においても,祭りには顔や体に色を塗るし,また日々食べるものにも事欠く極端に貧しい社会でも,人々は化粧に時間を費やす。…

※「的」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

的の関連キーワード経常的収入・臨時的収入インテレクチュアリズムプラグマティックシステマチック水平的社会移動農業経営の展望客観的観念論ディアノイアアーバニズム伝承史的研究心理的コスト生物化学分析理論物理学地域的取極少数者集団合法的支配テクニカルウクラード法実証主義地域的移動

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

的の関連情報