模写説(読み)もしゃせつ

日本大百科全書(ニッポニカ)「模写説」の解説

模写説
もしゃせつ

認識とは、認識する意識が、その外部にある現実を模写し、鏡が物を映すように反映することだという考え方。デモクリトスに始まるとされる。

 近代の模写説は一般に、(1)真理は実在と観念との一致である(真理観における対応説)、(2)認識対象となる実在が、認識主観から独立に存在する(唯物論)、(3)認識主観は、本来いかなる認識内容をももたない(タブラ・ラサ白紙)、(4)あらかじめ感覚の内になかったものは悟性の内にもない(感覚主義)、(5)認識主観は、認識そのものにおいて受動的態度をとる(構成主義の否定)、(6)客観的実在そのものが一定の形式と自己統一をもつ(実在論)、という前提から成り立つ。レーニンの「物質とは人間にその感覚において与えられており、われわれの感覚から独立して存在しながら、われわれの感覚によって模写され、摂映され、反映される客観的実在である」という考えはその代表例である。今日、模写説をそのまま主張する立場は、ロシア・マルクス主義を除いて、ほとんどない。

加藤尚武

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「模写説」の解説

模写説
もしゃせつ
copy theory

認識論における実在論の一つの立場。認識とは外界事物が認識主体のうちに結んだ映像であるとする。このような立場はすでにプラトンイデア観にもみられるが,それぞれの思想家の存在観,世界観,人間観などによって多様なニュアンスを伴いながら哲学の歴史を通じて常にみられる。近世では精神をタブラ・ラサ (白紙) としてとらえ,経験がそれに書込まれるとしたロックが有名。徹底した形では弁証法的唯物論が模写説に立ち,感覚を媒介して外界の刺激が意識に転化し,これが歴史における実践を通して検証されるとする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「模写説」の解説

模写説【もしゃせつ】

反映論〉とも。英語でcopy theory。認識は認識主観から独立に存在する外界の模写(反映・映像)であるとする哲学上の立場。プラトンは認識をイデアの映像とし,近世の経験論は白紙(タブラ・ラサ)の心への外界の印象とする模写説を立てた。〈神の似姿〉としての人間観も,宗教思想上の模写説と言いうる。本物と模像(シミュラクル),オリジナルとコピーをめぐる議論は,今なお係争中。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「模写説」の解説

もしゃ‐せつ【模写説】

〘名〙 認識とは外部にある実在を意識の中に模写した映像であるという学説。模写主義。〔いろは引現代語大辞典(1931)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「模写説」の解説

もしゃせつ【模写説 copy theory】

外界の事物を心ないし意識が模写・模像・反映すると説く認識論上の立場の一つで,訳語としては大正期以降のものである。デモクリトスやエピクロスは,事物から流出する微小な〈像eidōlon〉が感覚器官に入りこみ,心を刺激して知覚が生じると説き,プラトンは心は〈本〉に似ており,感覚や記憶によって受け入れられ心に書きつけられたことの〈似姿eikōn〉を,知性がもう一度心に画き直すとした。スコラ哲学以来,〈鏡〉に映じた像から実物・現物へとさかのぼる思弁が始まり,13世紀以後,心を〈やすりをかけられた板(タブラ・ラサtabula rasa)〉とみなす考えが起こる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の模写説の言及

【意識】より

…このように,〈主観〉とほとんど相おおう意味での意識を考えるならば,問題になるのは何と言っても対象との関係である。伝統的に模写説と構成説とが争われてきたのも,その点に関してである。しかし,刻々に変転する現象世界の中での対象の同一性とは,対象自体の性質ではなく対象に付与された一つの意味と考えるべきであろうから,意識を単純にある対象の反映と見ることはできない。…

【実在論】より

… 最も初歩的な実在論は素朴実在論naive realismであり,われわれが知覚し経験するとおりにものが在り,ものの実在性は知覚し経験するとおりに把握されているとみなす。素朴実在論は,知覚や経験が鏡のようにものの実在性を模写し反映するという素朴な模写説を前提する。しかしものの主観にとっての見え方,現れ方から,ものそれ自身の在り方へと接近しなければならぬ。…

※「模写説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android