コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

権現山51号墳 ごんげんやまごじゅういちごうふん

2件 の用語解説(権現山51号墳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

権現山51号墳
ごんげんやまごじゅういちごうふん

兵庫県たつの市南部,標高約 140mの丘陵上に所在する4世紀初頭頃の前方後方墳。 1989年に岡山大学考古学研究室を中心として発掘が行なわれた。墳丘は全長約 43m,後方部の墳頂付近より若干の特殊器台,特殊壺形埴輪土師器が出土している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

権現山51号墳
ごんげんやまごじゅういちごうふん

兵庫県たつの市御津町中島(みつちょうなかしま)の権現山の頂にある前方後方墳。1989年(平成1)に近藤義郎によって調査された。墳丘は全長42.7メートル、後方部長が23.7メートル、前方部長が19.0メートルである。墳丘斜面には葺石(ふきいし)があり、崩落土から出土した特殊器台型埴輪(はにわ)・特殊壺(つぼ)型埴輪の状況から、これらが墳丘に立て並べられていたことが推測される。
 埋葬主体は、後方部に墳丘主軸と直交して設けられた竪穴(たてあな)式石室である。副葬品には三角縁神獣(さんかくぶちしんじゅう)鏡5、紡錘車型貝製品2、ガラス小玉172、銅鏃(どうぞく)6、鉄鏃7、鉄鑓(てつやり)4、鉄剣1、有袋鉄斧(てっぷ)3、鉄鎌1、鑿(のみ)7、(やりがんな)3、鉄鋸(てつのこぎり)1、砥石(といし)1がある。遺存していた人骨から壮年後半から熟年の男性被葬者が推定されている。
 権現山古墳は、古式な三角縁神獣鏡の組合せと特殊器台型埴輪・特殊壺型埴輪がいっしょに出土している例として、畿内(きない)中枢の勢力と吉備(きび)の勢力との関係をとらえるうえで貴重な存在といえよう。[大塚初重・新井 悟]
『近藤義郎編『権現山51号墳』(1991・権現山51号墳刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

権現山51号墳の関連キーワード兵庫県たつの市龍野町兵庫県たつの市龍野町大手兵庫県たつの市龍野町上霞城兵庫県たつの市龍野町北龍野兵庫県たつの市龍野町中井兵庫県たつの市龍野町日飼兵庫県たつの市龍野町日山兵庫県たつの市誉田町兵庫県たつの市御津町兵庫県たつの市御津町黒崎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone