コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樺/桜皮 カニワ

デジタル大辞泉の解説

かにわ〔かには〕【×樺/桜皮】

シラカバの古名か。この木の皮を刀や弓の柄に巻いたり、や器物に巻いたという。
「―巻き作れる舟に」〈・九四二〉

かば【×樺】

カバノキおよび近縁種総称。特に、シラカバをさす。 花=春》
蒲(かば)2」に同じ。

かんば【×樺】

《「かには」の音変化》「かば(樺)」に同じ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かにわ【樺】

カバザクラ、一説に、シラカバの古名。上代には、舟に巻いたり器に張ったりした、その樹皮。 「しきたへの枕もまかず、-巻き作れる舟に/万葉集 942

かば【樺】

カバノキ科の植物の総称。かんば。
(桜の)樹皮。 〔日葡〕

かんば【樺】

〔「かには」の転〕
かば(樺) 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

樺 (カニワ)

植物。上溝桜鵜松明樺の古名

樺 (カバ)

植物。カバノキ科カバノキ属の落葉高木の総称。カバノキの別称

樺 (カバ・カンバ)

植物。カバノキ科の落葉高木,園芸植物。シラカンバの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

樺/桜皮の関連キーワード秋田県仙北市角館町表町下丁奥縞・奥島乗りが来る岳樺・嶽樺太鼓医者並河寒泉通言総籬四つ過ぎ大事無い曲げ物リホワ徒つく口近い徒付く思入れ樺細工艶二郎加仁波捉まる迦邇波

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android