コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樺/桜皮 カニワ

デジタル大辞泉の解説

かにわ〔かには〕【×樺/桜皮】

シラカバの古名か。この木の皮を刀や弓の柄に巻いたり、や器物に巻いたという。
「―巻き作れる舟に」〈・九四二〉

かば【×樺】

カバノキおよび近縁種総称。特に、シラカバをさす。 花=春》
蒲(かば)2」に同じ。

かんば【×樺】

《「かには」の音変化》「かば(樺)」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かにわ【樺】

カバザクラ、一説に、シラカバの古名。上代には、舟に巻いたり器に張ったりした、その樹皮。 「しきたへの枕もまかず、-巻き作れる舟に/万葉集 942

かば【樺】

カバノキ科の植物の総称。かんば。
(桜の)樹皮。 〔日葡〕

かんば【樺】

〔「かには」の転〕
かば(樺) 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

樺 (カニワ)

植物。上溝桜鵜松明樺の古名

樺 (カバ)

植物。カバノキ科カバノキ属の落葉高木の総称。カバノキの別称

樺 (カバ・カンバ)

植物。カバノキ科の落葉高木,園芸植物。シラカンバの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

樺/桜皮の関連キーワード秋田県仙北市角館町表町下丁10・8羽田闘争奥縞・奥島乗りが来る本場黄八丈岳樺・嶽樺通言総籬四つ過ぎ大事無い並河寒泉マカンバ太鼓医者思入れ小便組樺細工リホワ口近い徒つく捉まる銀出し

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android